Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

uiaxes

アプリでのプロット用の UI 座標軸の作成

説明

ax = uiaxes は、新しい Figure ウィンドウで UI 座標軸を作成し、UIAxes オブジェクトを返します。MATLAB® は関数 uifigure を呼び出してこの Figure を作成します。

ax = uiaxes(Name,Value) は 1 つ以上の Name,Value のペアの引数を使用して、UIAxes のプロパティ値を指定します。

ax = uiaxes(parent) は、指定された親コンテナー内に UI 座標軸を作成します。親には、関数 uifigure を使用して作成された Figure か、またはその子コンテナーのいずれかを指定できます。

ax = uiaxes(parent,Name,Value) は 1 つ以上の Name,Value の引数を使用して、UIAxes のプロパティ値を指定します。

すべて折りたたむ

UI 座標軸にライン プロットと散布図を作成します。

UI 座標軸をもつ Figure ウィンドウを作成し、UIAxes オブジェクトを変数 ax に割り当てます。UIAxes オブジェクトを関数 plot の最初の入力引数として指定して、ライン プロットを座標軸に追加します。

fig = uifigure;
ax = uiaxes(fig);
x = linspace(-pi,pi,50);
y = 5*sin(x);
plot(ax,x,y)

ホールド状態をオンに設定し、散布図を追加します。UIAxes オブジェクトを関数 hold および関数 scatter の最初の入力引数として指定します。

hold(ax,'on')
y2 = 5*sin(x) + randn(1,50);
scatter(ax,x,y2)

名前と値のペアの引数を使用してプロパティを設定することにより、UI 座標軸の外観を変更します。たとえば、XDir の名前と値のペアを使用して、x 軸の方向を反転します。

fig = uifigure;
ax = uiaxes(fig,'XDir','reverse');
x = linspace(-pi,pi);
y = sin(x);
plot(ax,x,y)

あるいは、座標軸の作成後にドット表記を使用してプロパティを指定します。たとえば、ドット表記を使用して YDir プロパティにアクセスし、y 軸の方向を反転します。

ax.YDir = 'reverse';

Position プロパティを指定して、UI 座標軸の位置を指定します。位置をピクセル単位で指定します。

fig = uifigure;
ax = uiaxes(fig,'Position',[10 10 550 400]);

UI 座標軸を、Figure ウィンドウ内のパネルに追加します。パネルと座標軸の位置をピクセル単位で指定します。

fig = uifigure;
p = uipanel(fig,'Position',[10 10 400 400]);
ax = uiaxes(p,'Position',[10 10 390 390]);

入力引数

すべて折りたたむ

親コンテナー。関数 uifigure を使用して作成された Figure オブジェクト、またはその子コンテナー (TabPanelButtonGroup または GridLayout) のいずれかとして指定します。親コンテナーを指定しない場合、MATLAB は関数 uifigure を呼び出し、親コンテナーとして機能する新しい Figure オブジェクトを作成します。

名前と値のペアの引数

オプションの Name,Value の引数ペアをコンマ区切りで指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を任意の順序で指定できます。

例: 'Xscale','linear','YScale','log'

ここでは、プロパティの一部だけを紹介しています。完全な一覧については、UIAxes のプロパティ を参照してください。

範囲の上限と下限。[min max] の形式の 2 要素ベクトルとして指定します。ここで、maxmin より大きい値です。範囲は、数値、カテゴリカル値、datetime 値、または duration 値として指定できます。ただし、指定する値の型は、軸に沿った値の型と一致していなければなりません。

両方の限界値を指定することも、一方の限界値を指定して座標軸にもう一方を自動計算させることもできます。下限値および上限値を自動的に計算する場合は、それぞれ -inf または inf を使用します。

例: ax.XLim = [0 10]

例: ax.YLim = [-inf 10]

例: ax.ZLim = [0 inf]

または、関数 xlimylim および zlim を使用して範囲を設定します。例については、軸の範囲の指定を参照してください。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | datetime | duration

軸のスケール。次の値のいずれかとして指定します。

説明結果
'linear'

線形スケール

例: ax.XScale = 'linear'

'log'

対数スケール

例: ax.XScale = 'log'

グリッド ラインのライン スタイル。次の表のライン スタイルのいずれかとして指定します。

ライン スタイル説明結果として得られる線
'-'実線

'--'破線

':'点線

'-.'一点鎖線

'none'ラインなしラインなし

グリッド ラインを表示するには、grid on コマンドを使用するか、XGridYGridZGrid の各プロパティを 'on' に設定します。

例: ax.GridLineStyle = '--'

ラベルと余白を含む座標軸のサイズと位置。[left bottom width height] の形式の 4 要素ベクトルとして指定します。このベクトルは、座標軸の外側の境界を囲む四角形を定義します。left 要素および bottom 要素は、四角形の左下隅から親コンテナーの左下隅までの測定値により、四角形の位置を定義します。width および height は、四角形のサイズを定義します。値の測定単位は、Units プロパティにより決定されます。既定の単位はピクセルです。

出力引数

すべて折りたたむ

UIAxes オブジェクト。UIAxes の作成後に、ax を使用してそのプロパティを設定します。

ヒント

  • ズーム、移動および回転の各モードは、UI 座標軸のオプションのサブセットのみをサポートします。zoom は、onoff および倍率の引数のみをサポートします。rotate3d および pan は、on および off の引数のみをサポートします。UI 座標軸内でグラフを操作するには、座標軸ツール バーまたは組み込みの座標軸操作を使用する方法が推奨されます。詳細については、チャートの対話機能の制御を参照してください。

参考

関数

プロパティ

R2016a で導入