ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

uibutton

プッシュ ボタン コンポーネントまたは状態ボタン コンポーネントの作成

説明

btn = uibutton は、プッシュ ボタンを新しい Figure 内に作成し、Button オブジェクトを返します。MATLAB® は関数 uifigure を呼び出してこの Figure を作成します。

btn = uibutton(style) は指定されたスタイルのボタンを作成します。

btn = uibutton(parent) は、指定された親コンテナー内にボタンを作成します。親には、関数 uifigure を使用して作成された Figure か、またはその子コンテナーのいずれかを指定できます。

btn = uibutton(parent,style) は、指定された親コンテナー内に指定されたスタイルの Button を作成します。

btn = uibutton(___,Name,Value) は、1 つ以上の Name,Value のペアの引数で指定されたプロパティをもつ Button を作成します。このオプションは、前述の構文のすべての入力引数の組み合わせで使用できます。

すべて折りたたむ

プッシュ ボタンを作成します。

fig = uifigure;
btn = uibutton(fig);

スタイルを 'state' として指定して、状態ボタンを作成します。

fig = uifigure;
btn = uibutton(fig,'state');

fig = uifigure('Name','My Figure');
pnl = uipanel(fig);
btn = uibutton(pnl); 

状態ボタンを作成し、プロパティ値を指定します。

fig = uifigure;
btn = uibutton(fig,'state',...
               'Text', 'Record',...
               'Value', true,...
               'Position',[50,100, 100, 22]);

状態ボタンのテキストのフォント名を調べます。

fname = btn.FontName
fname =

Helvetica

ボタンのテキストのフォント名を変更します。

btn.FontName = 'Arial Narrow';

ボタンと UI 座標軸を作成します。アプリ ユーザーがボタンを押すと、グラフが作成されます。

MATLAB パス上に buttonPlot.m を作成します。次のコードは、ボタンと UI 座標軸を含むウィンドウを作成します。アプリ ユーザーがボタンをクリックすると、ButtonPushedFcn が何らかのデータをプロットします。

function buttonPlot
% Create a figure window
fig = uifigure;

% Create a UI axes
ax = uiaxes('Parent',fig,...
            'Units','pixels',...
            'Position', [104, 123, 300, 201]);   

% Create a push button
btn = uibutton(fig,'push',...
               'Position',[420, 218, 100, 22],...
               'ButtonPushedFcn', @(btn,event) plotButtonPushed(btn,ax));
end

% Create the function for the ButtonPushedFcn callback
function plotButtonPushed(btn,ax)
        x = linspace(0,2*pi,100);
        y = sin(x);
        plot(ax,x,y)
end

buttonPlot を実行し、プッシュ ボタンをクリックします。MATLAB がデータをプロットします。

入力引数

すべて折りたたむ

ボタンのスタイル。次のいずれかとして指定します。

  • 'push'

    1 回クリックすると、ボタンは押して離したように表示されます。

  • 'state'

    1 回クリックすると、再度クリックするまでボタンは押された状態または離された状態のままです。

親コンテナー。関数 uifigure を使用して作成された Figure、またはその子コンテナー (TabPanelButtonGroup または GridLayout) のいずれかとして指定します。コンテナーが指定されていない場合、MATLAB は関数 uifigure を呼び出し、親コンテナーとして使用される新しい Figure オブジェクトを作成します。

名前と値のペアの引数

オプションの Name,Value の引数ペアをコンマ区切りで指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を任意の順序で指定できます。

各タイプの Button オブジェクトは、異なるプロパティのセットをサポートします。プロパティの完全なリストと各タイプについての説明は、対応するプロパティのページを参照してください。

R2016a で導入