ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

guide

GUIDE での UI ファイルの作成または編集

App Designer はアプリ構築のための推奨環境です。詳細については、GUIDE アプリから App Designer への移行を参照してください。

説明

guide は、UI 設計環境である GUIDE を起動します。クイック スタート ダイアログで、以前に作成した UI を開くか、テンプレートのいずれかを使用して新しい UI を作成するかを選択できます。

guide(filename) は、指定した MATLAB® Figure ファイルを編集用に GUIDE で開きます。その Figure ファイルが MATLAB パスにない場合は、絶対パスを指定します。一度に開くことができる filename は 1 つのみです。

guide(figs) は、figs 内の各 Figure オブジェクトを GUIDE 設計環境の個別のコピーで開きます。変数に保存されている 1 つ以上の既存の Figure を GUIDE で編集する場合に、この構文を使用します。

すべて折りたたむ

MATLAB パスから既存の Figure を開きます。

guide("feedback.fig")

2 つの Figure を作成し、変数 f1 および f2 に割り当てます。その後、2 つの既存の Figure を GUIDE の個別のインスタンスで開きます。

f1 = figure;
f2 = figure;

guide([f1 f2]);

入力引数

すべて折りたたむ

保存された Figure のファイル名またはパス。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。Figure が MATLAB パスにない場合は、絶対パスを指定します。ファイル名に .fig を含めるかどうかはオプションです。

例: guide("output.fig")

例: guide('testModule')

例: guide("C:\Documents\Controls\power.fig")

既存の Figure オブジェクト。単一の Figure オブジェクト、または Figure オブジェクトの配列として指定します。この引数を使用して、以前保存した 1 つ以上の Figure を GUIDE の個別のインスタンスで開きます。GUIDE は関数 figure を使用して Figure を作成します。

例: guide([f1 f2]);

R2006a より前に導入