最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

App Designer を使用したアプリ開発

App Designer を使用したアプリの対話的な開発

App Designer は、アプリのレイアウトを設計し、その動作をプログラミングするための対話型開発環境です。完全に統合されたバージョンの MATLAB® エディターと対話型 UI コンポーネントの大規模なセットを提供します。また、ユーザー インターフェイスを整理するためのグリッド レイアウト マネージャーと、アプリがスクリーン サイズの変化を検出して対応できるようにする自動リフロー オプションも提供します。App Designer のツールストリップから直接インストーラー ファイルにパッケージ化するか、スタンドアロンのデスクトップ アプリまたは Web アプリを作成することによってアプリを配布できます (MATLAB Compiler™ が必要)。

はじめに、App Designer を使用した簡単なアプリの作成と実行を参照するか、App Designer 入門をご覧ください。

関数

appdesignerApp Designer のスタート ページまたは既存のアプリ ファイルを開く

トピック

App Designer の基礎の学習

App Designer を使用した簡単なアプリの作成と実行

App Designer を使用して簡単なアプリを作成するプロセスの手順を説明する。

アプリ作成コンポーネント

最新のアプリの作成に使用可能な UI コンポーネントのサンプルを確認する。

App Designer の設計ビューでのアプリのレイアウト

App Designer のキャンバスにコンポーネントを配置して構成する。

App Designer コード ビューでのコードの管理

コード ビューを使用してアプリの動作をプログラムする。

アプリの外観のカスタマイズ

App Designer でのサイズ変更可能アプリの管理

App Designer における既定の自動サイズ変更の動作を管理する。

プログラムによる App Designer への UI コンポーネントの追加

コンポーネント ライブラリで入手できない、または実行時に作成する UI コンポーネントを追加する。

App Designer でのグラフィックスの表示

グラフィックス関数を使用して座標軸とチャートを作成する。

App Designer アプリの table 配列データ型

アプリで table 配列データを使用するときにさまざまなデータ型の表示を制御する。

アプリの動作のプログラミング

App Designer でコールバックを記述する

App Designer で作成したアプリの動作を制御するコールバックを記述する。

App Designer での複数ウィンドウをもつアプリの作成

複数のウィンドウをもつアプリに複数のアプリを組み合わせて、それらのアプリ間でデータを共有する。

データの変更をトリガーできる、またはデータの変更に応答できる HTML ファイルの作成

HTML ファイルを作成して、データの変更をトリガーできる、またはデータの変更に応答できる HTML、JavaScript® または CSS のコンテンツをアプリに組み込む。

App Designer の設定と互換性

App Designer 基本設定

App Designer のオプションを有効または無効にする。

App Designer のキーボード ショートカット

[設計ビュー][コード ビュー] で機能するキーボード ショートカットを使用する。

App Designer の異なるリリース間の互換性

アプリに App Designer の以前のリリースとの互換性をもたせる

注目の例