ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

グリッド レイアウトを使用してコンポーネントの位置とサイズ変更を管理するアプリ

このアプリでは、アプリがサイズ変更される際に、グリッド レイアウト マネージャーを使用してノブの配置とサイズ変更を制御する方法を示します。アプリはまた、次のコンポーネントを使用してユーザー入力を収集し、結果の波形をプロットします。

  • 数値編集フィールド — パルスの周波数と長さを入力できます。MATLAB® は、値が数値で、アプリにより指定された範囲内であるか自動的にチェックします。

  • スイッチ — 自動プロットの更新を制御し、時間領域と周波数領域のプロットを切り替えることができます。

  • ドロップダウン メニュー — ガウス、sinc、矩形など、パルス整形のリストから選択することができます。

  • ノブ — ウィンドウ関数を指定するか、信号を変調させるか、他の拡張機能を適用してパルスを変更できます。

参考

関連するトピック