Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

アプリでのプログラムによる極座標軸の作成

このアプリは、プロット関数を呼び出す前に、プログラムによって座標軸を作成することにより、プロットを表示する方法を示します。この場合、アプリは関数 polaraxes および polarplot を使用して極座標の数式をプロットします。ユーザーが a または b の値を変更した場合、または別の線の色を選択したときに、それらの変更が反映されるようにプロットが更新されます。

この例は、次のアプリ作成の概念についても示します。

  • uiaxes がサポートしていないプロットを表示するために、異なるタイプの座標軸をプログラムで作成する

  • App Designer でのプロット関数の呼び出し

  • 複数のコンポーネントでのコールバックの共有

  • ラベルで Unicode® 文字の表示

参考

|

関連するトピック