ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

App Designer と GUIDE

App Designer はレイアウトとコードの表示、完全に統合されたバージョンの MATLAB® エディター、および多数の対話型コンポーネントを提供する高機能な開発環境です。App Designer ツールストリップから直接アプリをパッケージ化できるほか、スタンドアロンのデスクトップまたは Web アプリを作成することもできます (MATLAB Compiler™ が必要)。これは、ほとんどのアプリの作成に推奨される環境です。

GUIDE で開発した既存のアプリがある場合は、App Designer に移行することを検討してください。

GUIDE アプリの App Designer への移行

アプリを移行すると、GUIDE では提供されていない App Designer の新しいコンポーネントや機能を利用できます。GUIDE の一部のコンポーネントは App Designer では使用できないことと、App Designer との互換性をもたせるためにアプリ コードを更新しなければならないことに注意してください。詳細については、以下の表を参照してください。

アプリの移行には、MATLAB 対応の GUIDE から App Designer への移行ツールを使用できます。詳細については、https://www.mathworks.com/app-designer/add-ons.htmlを参照してください。

App Designer と GUIDE の相違点

App Designer と GUIDE の主な相違点は、コードの構造、コールバックの構文、および UI コンポーネントへのアクセス方法とデータの共有方法です。次の表は、相違点をまとめています。

相違点GUIDE App Designer詳細
Figure とグラフィックスの使用

GUIDE では、関数 figure を呼び出してアプリ ウィンドウを作成します。

GUIDE では、関数 axes を呼び出して、プロットを表示するための座標軸を作成します。

すべての MATLAB グラフィックス関数がサポートされています。

App Designer では、関数 uifigure を呼び出してアプリ ウィンドウを作成します。

App Designer では、関数 uiaxes を呼び出して、プロットを表示するための座標軸を作成します。

ほとんどの MATLAB グラフィックス関数がサポートされています。

App Designer でのグラフィックスの表示
コンポーネントの使用

GUIDE では、関数 uicontrol を使用してほとんどのコンポーネントを作成します。

App Designer には、別の関数を使用して作成する一連の新しいコンポーネントがあります。

App Designer には、TreeGaugeSwitch など、GUIDE でサポートされていないコンポーネントがいくつかあります。

App Designer のコンポーネント
コンポーネントのプロパティへのアクセス

GUIDE では、setget を使用してコンポーネントのプロパティにアクセスします。例:
name = get(HFig,'Name')

App Designer では、ドット表記を使用してコンポーネントのプロパティにアクセスします。例:
name = app.UIFigure.Name

App Designer でコールバックを記述する
アプリ コードの管理

コードはメイン関数と複数のローカル関数として構造化されています。すべてのコードが編集可能です。

コードは MATLAB クラスとして定義されています。コールバック、補助関数およびカスタム プロパティのみが編集可能です。

App Designer コード ビューでのコードの管理
コールバックの作成

必要な入力引数は、handleshObject および eventdata です。

必要な入力引数は、app および event です。

App Designer でコールバックを記述する
データの共有

UserData プロパティ、または関数 guidatasetappdatagetappdata を使用します。

カスタム プロパティを使用します。

App Designer アプリ内でのデータの共有

関連するトピック