ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

GUIDE 設定

設定の指定

GUIDE の設定を指定できます。MATLAB®[ホーム] タブで、[環境] セクションの [設定] をクリックします。これらの設定は、GUIDE と作成するすべての UI に適用されます。

設定は、[設定] ダイアログ ボックス内の複数の場所にあります。

設定の確認

GUIDE では、2 つの設定の確認を行うことができます。以下のことを行う場合に、確認ダイアログ ボックスを表示するかどうかを選択できます。

  • GUIDE で UI をアクティブにする

  • GUIDE から UI をエクスポートする

  • GUIDE により生成されるコールバックのシグネチャを変更する

[設定] ダイアログ ボックスで [MATLAB][一般][確認ダイアログ] をクリックして、GUIDE の確認設定にアクセスします。[ツール] の列で GUIDE という語を探します。

実行時の保存

レイアウト エディターの [実行] ボタン をクリックして UI をアクティブにすると、保存の実行を通知するダイアログ ボックスが表示され、処理の続行の選択が求められます。

エクスポート時の保存

レイアウト エディターで [ファイル][MATLAB ファイルにエクスポート] を選択すると、保存の実行を通知するダイアログ ボックスが表示され、処理の続行の選択が求められます。

下位互換性の設定

MATLAB Version 5 以降の互換性

Version 7.0 以降の MATLAB で作成されたり変更されたりした UI FIG ファイルは、Version 6.5 以前のものとは自動的には互換性がありません。GUIDE により、FIG ファイルが自動的に生成されます。この FIG ファイルは、UI のレイアウト情報を含むバイナリ ファイルです。

FIG ファイルでの下位互換性を維持するには、レイアウト エディターで [ファイル][設定][一般][MAT ファイル] を選択して、[MATLAB Version 5 以降 (-v6 形式で保存)] を選択します。

メモ

ここで述べるオプション [-v6] は旧式で、今後のバージョンの MATLAB ではなくなる予定です。

その他の設定

GUIDE では、レイアウト エディターのインターフェイスや、コードのコメントの挿入などのために、その他の設定が提供されています。[設定] ダイアログ ボックスで、GUIDE をクリックして、これらの設定にアクセスできます。

以下のトピックスは、このダイアログでの設定を説明します。

コンポーネント パレットに名前を表示

コンポーネント パレットにアイコンと名前を表示します。オフにすると、2 つの列にツールのヒントとともにアイコンが表示されます。

ウィンドウ タイトルにファイル拡張子を表示

レイアウト エディター ウィンドウのタイトルに FIG ファイルのファイル名がファイル拡張子 .fig 付きで表示されます。オフにすると、ファイル名のみが表示されます。

ウィンドウ タイトルにファイル パスを表示

レイアウト エディター ウィンドウのタイトルにファイルの絶対パスを表示します。オフにすると、ファイル パスは表示されません。

新規に作成されたコールバック関数にコメントを追加

コールバックは、ボタンのクリックやスライダーの操作など、ユーザーによるアクションに応答して実行されるコードのブロックです。既定では、GUIDE によってコールバックを関数として宣言するテンプレートが設定され、各テンプレートの最初にコメントが付け加えられます。ほとんどのコメントは、以下のようになります。

% --- Executes during object deletion, before destroying properties.
function figure1_DeleteFcn(hObject, eventdata, handles)
% hObject    handle to figure1 (see GCBO)
% eventdata  reserved - to be defined in a future version of MATLAB
% handles    structure with handles and user data (see GUIDATA)

関連するコンポーネントがオリジナルの GUIDE の テンプレートの一部であるコールバックは、自動的に追加されます。他の一般に使用されるコールバックは、コンポーネントを追加する際に、自動的に追加されます。[表示][コールバックの表示] メニューまたはコンポーネントのコンテキスト メニューからコールバックを選択すると、コールバックを明示的に追加することもできます。

この設定をオフにすると、元の GUIDE テンプレートをサポートするために自動的に含められるコールバックに対してのみ、コメントが付け加えられます。コードにその後追加されたコールバックには、コメントは含まれません。

コールバックおよび前記のコメントで説明した引数の詳細は、「GUIDE でのコールバックの作成」を参照してください。

App Designer メッセージ パネルを表示

GUIDE レイアウト エディターに App Designer メッセージ パネルを表示します。App Designer は、MATLAB におけるアプリ構築のための推奨環境です。メッセージ パネルでは、App Designer についての詳細な学習に役立つリンクとツールが提供されます。

パネルでは以下のことが可能です。

  • 5 分にまとめた App Designer 開発環境の概要を見る。

  • GUIDE と App Designer の機能の違いを詳しく学ぶ。

  • App Designer を開く。

  • GUIDE から App Designer への移行ツールを使用して、既存の GUIDE アプリを App Designer へ移行する。

この設定がオフになっていると、メッセージ パネルはレイアウト エディターに表示されません。

関連するトピック