Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ライブ エディター タスクの開発

ライブ スクリプトで使用する独自のライブ エディター タスクを開発する

ライブ エディター タスクはライブ スクリプトに組み込むことができる、シンプルなポイント アンド クリック インターフェイスです。タスクは、ユーザーがパラメーターを確認する際に自動的に生成される一連の MATLAB® コマンドを表します。タスクは、開発時間やエラー、プロットにかかる時間を削減できるため、便利です。

MATLAB で提供されるライブ エディター タスクに加えて、独自のライブ エディター タスクを作成できます。LiveTask 基底クラスのサブクラスを定義することにより、カスタム ライブ エディター タスクを開発します。

クラス

matlab.task.LiveTaskBase class for developing custom Live Editor tasks

メソッド

setupSet up instance of Live Editor task subclass
generateCodeGenerate code for instance of Live Editor task subclass
resetReset instance of Live Editor task subclass

関数

matlab.task.configureMetadataConfigure Live Editor task metadata
matlab.task.removeMetadataRemove Live Editor task metadata

トピック