最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

チャート クラスの作成

チャート オブジェクトの独自のクラスを定義

ChartContainer 基底クラスのサブクラスを作成することにより、独自のチャート クラスを定義します。特殊な可視化を作成するためにスクリプトまたは関数を作成し、それらを他のユーザーと共有する場合は、クラスの実装を作成することを検討してください。クラスを作成することで、ユーザーに便利なインターフェイスを提供できるようになります。チャートの諸特性をカスタマイズする際に、ユーザーはグラフィックス コードを変更して再実行するのではなく、プロパティを設定することができます。プロパティの独自のカスタム セットを設計して、ユーザーがどのプロパティにアクセスできるかを制御します。ユーザーはコマンド ラインでプロパティを変更したり、プロパティ インスペクターでプロパティを確認できます。ユーザー クラスのインスタンスは、グラフィックス オブジェクト階層のメンバーです。その結果、チャートはグラフィックス システムと多くの面で互換性を有するようになります。詳細については、チャート作成の概要を参照してください。

クラス

matlab.graphics.chartcontainer.ChartContainer チャート オブジェクトの開発の基底クラス
matlab.graphics.chartcontainer.mixin.Legendチャート コンテナー サブクラスに凡例サポートを追加
matlab.graphics.chartcontainer.mixin.Colorbarチャート コンテナー サブクラスにカラー バー サポートを追加

メソッド

すべて展開する

setupチャート コンテナー サブクラスのインスタンスを設定
updateプロパティの設定後にチャート コンテナー サブクラスのインスタンスを更新
getAxesチャート コンテナー サブクラスの座標軸を取得
getLayoutチャート コンテナー サブクラスのタイル表示チャート レイアウトを取得
getLegend凡例 mixin サブクラスの legend オブジェクトを取得
getColorbarカラー バー mixin サブクラスの colorbar オブジェクトを取得

トピック

チャート作成の基礎

チャート作成の概要

チャート オブジェクトのクラスを作成する基本手順を学習する。

極座標軸、地理座標軸または複数の座標軸をもつチャートの作成

1 つ以上の直交座標軸、極座標軸または地理座標軸を含むクラスを定義する。

チャート クラスのコンストラクターの作成

チャート オブジェクトを作成するための呼び出し構文をカスタマイズする。

プロパティとメソッドの管理

チャート クラスのプロパティの管理

プロパティ値を検証し、プロパティの更新方法を最適化し、プロパティの表示方法をカスタマイズする。

座標軸プロパティを設定するための簡易関数の有効化

チャート オブジェクトのクラス用に関数 titlexlim、および ylim を有効にする。

チャート クラスのインスタンスの保存と読み込み

保存の際に対話による変更を保持するチャートを作成する。

カスタム プロパティ表示をもつチャート クラス

2 本のラインを表示し、カスタム プロパティ表示をもつチャート オブジェクトを作成する。

注目の例