Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

getColorbar

クラス: matlab.graphics.chartcontainer.mixin.Colorbar
パッケージ: matlab.graphics.chartcontainer.mixin

カラー バー mixin サブクラスの colorbar オブジェクトを取得

構文

cb = getColorbar(obj)

説明

cb = getColorbar(obj) は、matlab.graphics.chartcontainer.mixin.Colorbar クラスから継承するチャート オブジェクトのカラー バーを返します。

入力引数

すべて展開する

matlab.graphics.chartcontainer.mixin.Colorbar クラスから継承するクラスのオブジェクト。

出力引数

すべて展開する

チャートの Colorbar オブジェクト。

属性

Protectedtrue

メソッドの属性の詳細については、メソッドの属性を参照してください。

すべて展開する

クラス定義ファイルで setup メソッドを作成します。そのメソッド内で、getColorbar を呼び出して colorbar オブジェクト c を取得します。次に、カラー バーから目盛りを削除して、位置を 'southoutside' に設定します。

classdef ColorbarChart < matlab.graphics.chartcontainer.ChartContainer & ...
        matlab.graphics.chartcontainer.mixin.Colorbar
    
    properties
        % ...
    end
    
    methods(Access = protected)
        function setup(obj)
            % Make colorbar visible
            obj.ColorbarVisible = 'on';
            
            % Get the colorbar, remove the ticks, and set the location
            cb = getColorbar(obj);
            cb.Ticks = [];
            cb.Location = 'southoutside';
        end
        function update(obj)
            % ...
        end
    end
end
R2019b で導入