Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

印刷と保存

標準ファイル形式への印刷とエクスポート

関数

すべて展開する

exportgraphicsプロットまたはグラフィックスの内容をファイルに保存する
copygraphicsプロットまたはグラフィックスの内容をクリップボードにコピー
exportappアプリをイメージまたは PDF として取得
getframe座標軸または Figure のムービー フレームとしてのキャプチャ
saveas特定のファイル形式への Figure の保存
hgexportFigure をエクスポート
printFigure の印刷または特定のファイル形式での保存
orient印刷または保存時の用紙方向
printoptプリンターの既定の設定
openfigFIG ファイルに保存されている Figure を開く
savefigFigure とその内容を FIG ファイルに保存

トピック

[ファイル] メニューからの Figure の印刷

この例では、Figure の印刷、背景色の保持、および Figure の印刷サイズの制御を行う方法を説明します。

[編集] メニューからのクリップボードへの Figure のコピー

この例では、Figure をクリップボードにコピーする方法およびコピー オプションを設定する方法を説明します。

プロットをイメージまたはベクトル グラフィックス ファイルとして保存

プロットを、ピクセルを含むイメージ、または任意のサイズにスケーリングされるベクトル グラフィックスとして保存する。

後で MATLAB で再度開くための Figure の保存

この例では、後で MATLAB® で再度開くことができるように Figure を保存する方法を説明します。

Figure を保存する前のカスタマイズ

この例では、保存前に Figure をカスタマイズするために [エクスポート設定] ウインドウを使用する方法を説明します。

特定のサイズ、解像度または背景色で Figure を保存

保存する Figure の大きさ、解像度および背景色を制御する。

余白を最小限にしたプロットの保存およびコピー

この例では、保存された Figure の座標軸周囲の余白が狭くなるように Figure を保存する方法を説明します。