ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Figure を保存する前のカスタマイズ

この例では、保存前に Figure をカスタマイズするために [エクスポート設定] ウインドウを使用する方法を説明します。Figure のサイズ、背景色、フォント サイズおよびライン幅を変更する方法を説明します。さらに、他の Figure に適用できるエクスポート スタイルとして、Figure の保存前に設定を保存する方法も説明します。

Figure のサイズの設定

ライン プロットを作成します。

x = linspace(0,10);
y = sin(x);
plot(x,y)

Figure のサイズを設定するには、[ファイル][エクスポート設定] をクリックします。[幅] フィールドと [高さ] フィールドに、たとえば 5 x 4 インチなど、必要なサイズを指定します。このサイズにはフレーム、タイトル バー、メニュー バーおよびツール バーを除く Figure ウインドウ全体が含まれます。指定した幅と高さが大きすぎる場合は、Figure は指定したサイズに達しないことがあります。

座標軸が Figure 全体に表示されるようにするには、[Figure に合わせて軸を拡張] を選択します。このオプションは、ActivePositionProperty プロパティが 'outerposition' に設定された座標軸のみに影響します。サブプロットは ActivePositionProperty'position' に設定されているため、既定ではサブプロットには影響しません。

[Figure に適用] をクリックします。設定を適用すると、画面上の Figure の外観が変わります。[エクスポート設定] ダイアログのすべての設定が Figure に適用されます。したがって、Figure のサイズ以外の変更もできます。たとえば、既定では MATLAB® は保存した Figure の背景色を白に変換します。

Figure の背景色の設定

Figure の背景色を設定するには、[エクスポート設定] ウィンドウの [レンダリング] プロパティをクリックします。[カスタム色] フィールドで、テーブルまたは RGB 3 成分からカラー名を指定します。たとえば、背景色を黄に設定します。

RGB 3 成分は、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 成分の行ベクトルです。強度値は [0,1] の範囲でなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。このテーブルは対応するカラー名をもつ一般的な RGB 3 成分を示しています。既定のグレーの背景色を指定するには、[カスタム色] フィールドを default に設定します。

完全名省略名対応する RGB 3 成分
whitew[1 1 1]
yellowy[1 1 0]
magentam[1 0 1]
redr[1 0 0]
cyanc[0 1 1]
greeng[0 1 0]
blueb[0 0 1]
blackk[0 0 0]

Figure のフォント サイズとライン幅の設定

[フォント] プロパティをクリックしてフォントを変更します。固定フォント サイズを指定してフォント名、フォントの太さおよびフォントの角度を選択します。たとえば、20 ポイントの太字フォントを使用します。目盛りの位置は新しいフォント サイズに合わせて変更される場合があります。

[ライン] プロパティをクリックしてライン幅を変更します。たとえば、2 ポイントの固定ライン幅を指定します。

[エクスポート設定] ダイアログの右側にある [Figure に適用] をクリックします。

Figure のファイルへの保存

まず、[エクスポート] をクリックし、ファイル名、場所および希望の形式を指定して Figure をファイルに保存します。ファイル形式の詳細については、saveas を参照してください。

将来使用するための Figure 設定の保存

エクスポート スタイルを作成して今後の Figure に使用するために設定を保存します。[スタイルのエクスポート] セクションで MyCustomSettings などのスタイル名を入力します。次に [保存] をクリックします。

他の Figure への設定の適用

他の Figure の Figure メニューから [エクスポート設定] ボックスを開いてこの Figure に設定を適用します。[スタイルのエクスポート] セクションでスタイル名を選択して [読み込み] をクリックします。次に [エクスポート設定] ダイアログの右側にある [Figure に適用] をクリックします。MATLAB により保存されたスタイル設定が Figure に適用されます。

Figure を元の設定に戻す

[Figure を元に戻す] をクリックして画面上の Figure を元の設定に戻します。

プログラムによる Figure のカスタマイズ

あるいは、Figure をプログラムによってカスタマイズすることができます。Figure をプログラムによってカスタマイズするには、グラフィックス オブジェクトのプロパティを設定します。通常、グラフィックス関数は、グラフィックス オブジェクトへのアクセスとそれらの変更に使用できる出力引数を返します。たとえば、関数 plot から返された chart line オブジェクトを変数に代入し、それらの LineWidth プロパティを設定します。

p = plot(rand(5));
set(p,'LineWidth',3)

出力引数としてグラフィックス オブジェクトを返さない場合は、findobj を使用して特定のプロパティをもつオブジェクトを検索できます。たとえば、現在の Figure 内で Type プロパティが 'line' に設定されたすべてのオブジェクトを検索します。次に、それらの LineWidth プロパティを設定します。

plot(rand(5))
p = findobj(gcf,'Type','line')
set(p,'LineWidth',3);

すべてのグラフィックス オブジェクトとそのプロパティの一覧は、グラフィックス オブジェクトのプロパティを参照してください。

参考

| |

関連するトピック