ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

プロットをイメージまたはベクトル グラフィックス ファイルとして保存

プロットは、作成後、ビットマップ イメージまたはベクトル グラフィックス ファイルとして保存できます。

ファイル形式の選択

プロットを保存する前に、プロットをビットマップ イメージとして保存するか、ベクトル グラフィックス ファイルとして保存するかを検討します。

  • ビットマップ イメージには Figure のピクセル ベースの表現が含まれています。このタイプの形式はグラフィックスを表示する Web ブラウザーやその他のアプリケーションによって広く使用されています。ただし、ビットマップ イメージではスケーリングが適切に処理されません。他のグラフィックス アプリケーションで個別のグラフィックス オブジェクト (ラインやテキストなど) は変更できません。サポートされるビットマップ イメージ形式には PNG と JPEG があります。

  • ベクトル グラフィックス ファイルには、Figure を再描画するコマンドが保存されています。別のグラフィックス アプリケーションで Figure を編集する場合は、このタイプの形式を使用します。ベクトル グラフィックス ファイルはスケーリングに適していますが、大きなファイルとなることがあります。また、ベクトル グラフィックス ファイルではオブジェクトの適切な 3 次元配置が生成されない場合があります。ベクトル グラフィックス形式の幅広い編集をサポートするアプリケーションもあれば、グラフィックスのサイズ変更のみをサポートするアプリケーションもあります。一般に、Figure が MATLAB® 内にある間に必要なすべての設定を行うことを推奨します。サポートされるベクトル グラフィックス形式には PDF、EPS および SVG があります。

サポートされるファイル形式の完全な一覧は、saveas または print を参照してください。

プロットの対話的保存

特定のプロットを対話的に保存するには、ツール バーのエクスポート ボタン を使用します。このボタンは、座標軸にカーソルを合わせると表示されます。エクスポート ボタンを使用すると、PNG、JPEG、TIFF、PDF のいずれかのファイルとしてプロットを保存できます。他のファイル形式はサポートされていません。

エクスポート ボタンを使用すると、保存された出力は、凡例やカラー バーを含めた座標軸コンテンツの周囲に合わせて厳密にトリミングされます。出力には、座標軸外部のコンテンツ (Figure 内の他の座標軸など) は含まれません。Figure に複数の座標軸または UI コントロールが含まれていて、Figure 全体のコンテンツを保存する場合は、代わりに [ファイル][保存] オプションを使用します。

プログラムによるプロットの保存

Figure 全体をプログラムによって保存するには、関数 saveas または関数 print を使用します。たとえば、棒グラフをビットマップ イメージ ファイルとして保存します。ここでは、PNG ファイル形式を使用します。次に、表面グラフをベクトル グラフィックス ファイルとして保存します。ここでは、EPS ファイル形式を使用します。gcf を使用して現在の Figure を保存します。

bar([1 10 7 8 2 2 9 3 6])
saveas(gcf,'BarChartFile.png')

surf(peaks)
saveas(gcf,'SurfaceChartFile','epsc')

保存および印刷された Figure の詳細は、画面に表示される Figure と異なる場合があります。保存した出力に対して解像度の設定やレンダラーの制御などのコントロールを強化するには、関数 print を使用して Figure を保存します。

保存したプロットを他のアプリケーションで開く

保存したプロットを、Microsoft® Word や LaTeX など、他のアプリケーションで開くことができます。

保存したプロットを LaTeX ドキュメントに追加するには、まず EPS 形式を使用してプロットを保存します。たとえば、saveas(gcf,'BarChart','epsc') です。次に、LaTeX ドキュメント内で \includegraphics 要素を使用してファイルを追加します。以下に例を示します。

\documentclass{article}
\usepackage{graphicx}
\begin{document}

\begin{figure}[h]
\centerline{\includegraphics[height=10cm]{BarChart.eps}}
\caption{Bar Chart from MATLAB}
\end{figure}

\end{document}

参考

| |

関連するトピック