ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

後で MATLAB で再度開くための Figure の保存

この例では、後で MATLAB® で再度開くことができるように Figure を保存する方法を説明します。Figure を FIG ファイルとして保存するか、またはコードを生成して保存します。

Figure の FIG ファイルへの保存

保存するプロットを作成します。タイトルと座標軸ラベルを追加します。

x = linspace(0,10);
y = sin(x);
plot(x,y)
title('Sine Wave')
xlabel('x ranges from 0 to 10')
ylabel('y = sin(x)')

関数 savefig を使用して Figure を FIG ファイルに保存します。FIG ファイルは Figure の再作成に必要な情報を格納します。

savefig('SineWave.fig')

Figure を閉じ、関数 openfig を使用して保存した Figure を再度開きます。

close(gcf)
openfig('SineWave.fig')

openfig により、元のオブジェクトと同じデータを使用して figure オブジェクト、axes オブジェクトおよび line オブジェクトがそれぞれ新しく作成されます。新しいオブジェクトのプロパティ値の大半は、元のオブジェクトと同じです。ただし、現在のすべての既定値が新しい Figure に適用されます。この Figure で操作を実行できます。たとえば、座標軸を移動、ズームおよび回転できます。

メモ

FIG ファイルは MATLAB でのみ開くことができます。他のアプリケーションで開くことができる形式で Figure を保存する方法については、プロットをイメージまたはベクトル グラフィックス ファイルとして保存を参照してください。

Figure を再作成するコードの生成

代替方法として、プロットの MATLAB コードを生成し、そのコードを使用してグラフを再作成します。コードの生成により、プロット ツールを使用した変更をキャプチャします。

[ファイル][コードの生成...] をクリックします。生成されたコードが、MATLAB エディターに表示されます。[ファイル][名前を付けて保存] をクリックしてコードを保存します。

生成されたファイルには、グラフの再作成に必要なデータが格納されていないので、データ引数を指定しなければなりません。このデータ引数を元のデータと同じにする必要はありません。ファイルの最初にあるコメントでは、予想されるデータ型が提示されます。

参考

| |

関連するトピック