Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

exportapp

アプリをイメージまたは PDF として取得

    説明

    exportapp(fig,filename) は、fig で指定された Figure の内容をエクスポートし、filename で指定されたファイルに保存します。Figure は関数 uifigure または App Designer のいずれかで作成しなければなりません。UI コンポーネントも含めたすべての図形要素が取得されます。サポートされているファイル タイプは JPEG、PNG、TIFF、および PDF です。

    すべて折りたたむ

    ユーザー インターフェイスをファイルとしてエクスポートするためのプロットとボタンを表示する myapp.m というプログラム ファイルを作成します。ボタンのコールバック関数では、関数 uiputfile を呼び出して、ファイル名と場所についてユーザーにプロンプトを表示します。次に、指定されたファイルの絶対パスを使用して関数 exportapp を呼び出します。

    function myapp
    f = uifigure;
    ax = uiaxes(f,'Position',[25 25 400 375]);
    plot(ax,[0 0.3 0.1 0.6 0.4 1])
    uidropdown(f,'Position',[435 250 90 30],'Items',{'Blue Line','Red Line'});
    uicheckbox(f,'Position',[435 290 90 30],'Text','Grid');
    b = uibutton(f,'Position',[435 200 90 30],'Text','Export');
    b.ButtonPushedFcn = @buttoncallback;
    
        function buttoncallback(~,~)
            filter = {'*.jpg';'*.png';'*.tif';'*.pdf'};
            [filename,filepath] = uiputfile(filter);
            if ischar(filename)
                exportapp(f,[filepath filename]);
            end
        end
    end

    関数 myapp を呼び出してアプリを実行します。アプリで [エクスポート] ボタンをクリックすると、ダイアログ ボックスにファイル名と場所のプロンプトが表示されます。その後、指定したファイルに Figure の内容が保存されます。

    myapp

    入力引数

    すべて折りたたむ

    関数 uifigure で作成された Figure オブジェクト、または App Designer アプリの Figure。

    App Designer アプリを開発している場合、Figure は既定で UIFigure プロパティに保存されています。たとえば、myapp と呼ばれるアプリでは、Figure は myapp.UIFigure として保存されます。

    エクスポート機能が組み込まれていない App Designer アプリを実行している場合、コマンド ウィンドウで mlapp ファイルを実行し、出力引数を指定します。次に、出力引数を使用して Figure にアクセスします。たとえば、このコードは myapp.mlapp と呼ばれるアプリを JPEG ファイルとしてエクスポートします。

    app = myapp;
    exportapp(app.UIFigure,'appcontent.jpg')

    ファイル名。ファイル拡張子を含む文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。filename に絶対パスが含まれない場合、MATLAB® は現在のフォルダーに保存します。ファイルの書き込み権限をもっていなければなりません。

    以下の表に、サポートされるファイル形式とファイル拡張子 (大文字小文字を区別しない) を示します。

    ファイル形式ファイルの拡張子

    Joint Photographic Experts Group (JPEG)

    'jpg' または 'jpeg'

    Portable Network Graphics (PNG)

    'png'

    Tagged Image File Format (TIFF)

    'tif' または 'tiff'

    Portable Document Format (PDF)

    使用可能な場合、PDF には組み込み可能なフォントとベクトル グラフィックスの内容が含まれます。

    'pdf'

    制限

    • exportapp は、MATLAB Online™ またはWeb アプリ (MATLAB Compiler)ではサポートされていません。

    • exportapp は、関数 uihtml を使用して作成された UI コンポーネントをキャプチャしません。

    • PDF ファイルとしてのアプリのエクスポートはライブ エディターではサポートされていません。

    R2020b で導入