ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

[編集] メニューからのクリップボードへの Figure のコピー

この例では、Figure をクリップボードにコピーする方法およびコピー オプションを設定する方法を説明します。クリップボード上にある Figure はドキュメントやプレゼンテーションなどの別のアプリケーションに貼り付けることができます。

Figure のクリップボードへのコピー

タイトル付きの棒グラフを作成します。Figure をシステムのクリップボードにコピーするには、[編集][Figure のコピー] をクリックします。

x = [3 5 2 6 1 8 2 3];
bar(x)
title('Bar Chart')

通常、コピーした Figure は右クリックして別のアプリケーションに貼り付けます。既定では、MATLAB® ではコピーした Figure の背景色は白に変換されます。

メモ

[Figure のコピー] オプションは Linux® システムでは使用できません。プログラムによる代替方法を使用します。

Figure をプログラムによってコピーするには、'-clipboard' オプションを指定して print を使用します。形式を '-dbitmap''-dpdf' または '-dmeta' に指定します。メタファイル形式 '-dmeta' は Windows® システムでのみサポートされています。

形式、背景色、サイズの各オプションの指定

クリップボードにコピーされた Figure の特定の設定を調整できます。これらのオプションにアクセスするには、Figure メニューから [編集][コピー オプション] を選択します。設定は、それ以降クリップボードにコピーされるすべての Figure に適用されます。画面上の Figure の表示には影響しません。

メモ

このウィンドウは、Windows システムでのみ使用できます。Mac および Linux システムではプログラムによる代替方法を使用してください。

クリップボード形式を次のオプションのいずれかに設定します。

  • メタファイル — EMF 色ベクトル形式で Figure をコピーします。

  • 情報を保持 — Figure のレンダラーに基づいて形式を選択します。レンダラーが Painters の場合、形式はメタファイルです。レンダラーが OpenGL® の場合、形式はビットマップ イメージです。

  • ビットマップ — ビットマップ形式で Figure をコピーします。

Figure の背景色を次のいずれかのオプションに設定します。

  • Figure の色を利用 — 画面に表示されている背景色と同じ色を保持します。プログラムによる代替方法を使用するには、コピーする前に、Figure の InvertHardcopy プロパティを 'off' に設定します。

  • 背景を強制的に白にする — 白の背景色で Figure をコピーします。プログラムによる代替方法を使用するには、コピーする前に、Figure の InvertHardcopy プロパティを 'on' に設定します。

  • 透明な背景 — 透明な背景で Figure をコピーします。プログラムによる代替方法を使用するには、コピーする前に Figure の Color プロパティを 'none' に、InvertHardcopy プロパティを 'off' に設定します。メタファイル形式と PDF 形式では透明性がサポートされています。ビットマップ形式では透明性はサポートされていません。

画面に表示されているサイズと同じサイズで Figure をコピーするには、[Figure のスクリーン サイズと一致] を選択します。[エクスポート設定] ダイアログ ボックスで指定した幅と高さを使用するには、このオプションをオフにします。

参考

|

関連するトピック