Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

信号

信号プロパティの設定と表示

シミュレーションでは、信号は 2 つのブロック間でデータを送信します。データはブロックの計算された出力、または単純にメッセージの場合があります。信号の値はシミュレーション時間中のすべての点で計算されます。シミュレーション中およびシミュレーション後に信号データとプロパティを表示することも、ブロック線図でリアルタイムの値を確認することも、値をワークスペースの変数としてログ記録することもできます。また、信号をファイルまたはワークスペースにエクスポートして、さらに詳細に調べることもできます。

数値データ型、初期値、値の範囲などの信号特性を指定することで、モデルの数学的な動作を制御できます。

ブロック

Signal Specification信号の必要な次元、サンプル時間、データ型、数値タイプ、および属性を指定
Bus to Vectorバーチャル バスをベクトルに変換
IC信号の初期値を設定
Probe信号の属性 (幅、次元、サンプル時間、および複素数信号フラグ) を出力
Rate Transition異なるレートで動作しているブロック間の、データの伝達を処理
Signal Editor相互交換可能なシナリオを表示、作成、編集、および切り替える
Signal Conversion信号の値を変えることなく、信号を新しいタイプの信号に変換
Weighted Sample Timeサンプル時間を伴う計算をサポート
Width入力ベクトルの幅を出力

関数

disableimplicitsignalresolution信号を明示的に決めるためにモデルを変換する
signalBuilderToSignalEditor信号データとプロパティを Signal Builder ブロックから Signal Editor ブロックにインポート
signalEditor信号エディターを起動

クラス

Simulink.Signal信号の属性を指定する

トピック

信号入門

信号の基礎

信号を作成、設定、特定およびテストする。

信号タイプ

制御信号や合成信号などの信号のさまざまなタイプについて。

信号グループ

交換可能な信号データのグループを作成してモデルをテストまたはデバッグする。

信号プロパティ

モデル データ エディターを使用したデータ プロパティの設定

並べ替え、グループ化、フィルター処理が可能なリスト内のデータ項目 (信号、パラメーターおよび状態) を検証および編集します。

信号値の調査

シミュレーションの実行中に信号がもつ値を初期化、アクセス、表示する。

信号範囲の指定

シミュレーション中に信号が到達できる最小値と最大値を指定する。設計を完全に指定し、シミュレーション中に信号が到達できる最小値と最大値を指定することでデータ型と生成コードを最適化します。

信号の次元の決定

信号の次元を検証および制御します。

信号と離散状態の初期化

一部のシステムには、(跳ねるボールの始点や速度など) の指定しなければならない信号と状態の初期値が含まれます。

テスト ポイントとしての信号の設定

テスト ポイントを使用して、シミュレーション データへのアクセスを可能にする最適化から信号線を排除します。

信号のプロパティの表示

信号の伝播元と伝播先の強調表示

モデルのデバッグまたは調査中は、信号の伝播元または伝播先まで信号をトレースします。

デバッグのための端子の値の表示

シミュレーション中に、ブロック線図にブロック出力値を表示します。

信号属性の表示

ブロック線図にデータ型や次元などの信号属性を表示することで、モデルの可読性が向上します。

信号ラベル伝播

信号の名前を設定し、信号にさらに容易にアクセスする。信号ラベル伝播を利用して、システムの境界を越える信号の名前付けを行う労力を軽減します。

可変サイズの信号

可変サイズの信号の基礎

サイズ、値をシミュレーション中に変更できる、可変サイズの信号を作成する。

Simulink モデルでの可変サイズ信号の検証

可変サイズ信号の使用方法を示すモデル例を検証します。

注目の例