Main Content

合成インターフェイス

信号やメッセージをグループ化してモデルのコンポーネント インターフェイスの複雑度を軽減

モデルの複雑度を軽減するには、個々の信号やメッセージをバスを使用した合成信号線にグループ化します。

バーチャル バスは、合成インターフェイスのほとんどのモデル化の要件を満たし、さまざまなタイプの信号を結合するための柔軟性を提供します。

モデル化手法の比較については、合成インターフェイスのガイドラインを参照してください。

ブロック

すべて展開する

In Bus Element外部端子から入力を選択
Out Bus Element外部端子の出力を指定する
Bus Assignment指定したバス要素への新しい値の代入
Bus Creator入力信号またはメッセージをバスにグループ化する
Bus Selector入力バスから要素を選択する
Demuxバーチャル ベクトル信号の要素を抽出して出力
Mux同じデータ型および実数/複素数の入力信号をバーチャル ベクトルに結合する
Selectorベクトル信号または行列信号、多次元信号からの入力要素を選択
Vector Concatenate同じデータ型の入力ベクトルを反復処理のために連結
Matrix ConcatenateConcatenate input matrices of same data type for iterative processing
Bus to Vectorバーチャル バスをベクトルに変換
Signal Conversion信号の値を変えることなく、信号を新しいタイプの信号に変換

関数

すべて展開する

Simulink.Bus.addElementToPortAdd element to input bus element port (R2022b 以降)
getNumLeafBusElementsNumber of leaf elements in Simulink.Bus object
getLeafBusElementsLeaf elements in Simulink.Bus object
Simulink.Bus バスのプロパティを指定
Simulink.BusElement バスの要素のプロパティの指定
Simulink.Bus.cellToObjectバス情報を含む cell 配列を Simulink.Bus オブジェクトに変換
Simulink.Bus.createObjectブロックまたは MATLAB 構造体からの Simulink.Bus オブジェクトの作成
Simulink.Bus.objectToCellSimulink.Bus オブジェクトを使用して、バス情報を含む cell 配列を作成
Simulink.Bus.saveSimulink.Bus オブジェクトの関数への保存
Simulink.Bus.createMATLABStructバスと同じ階層構造と属性を使用する MATLAB 構造体を作成します。
Simulink.BlockDiagram.addBusToVectorバスを Vector ブロックに追加してバーチャル バス信号をベクトル信号に変換

ツール

信号階層ビューアーView signal hierarchy and trace signal to source or destination
型エディターCreate, modify, and manage types, such as bus objects

トピック

合成インターフェイスの基礎

信号線の視覚的なグループ化

バスの変更と構成

バス オブジェクトのデータ型の定義

信号線の機能的なグループ化

反復処理の簡略化

関連情報