ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

合成信号

バスなどの合成信号を使用して信号をグループ化し、モデルの複雑度を緩和

モデルのレイアウトを簡略化するには、以下の手法を使用して個々の信号を合成信号に結合します。

  • バーチャル バスまたは非バーチャル バス — Bus Creator ブロックを使用して信号を結合し、Bus Selector ブロックを使用した名前に基づいて個々の信号にアクセスします。

  • バス配列 — 類似する非バーチャル バス信号を Vector Concatenate または Vector Concatenate ブロックに結合し、SelectorBus Selector ブロックを使用してバスを選択します。

  • Mux — Mux ブロックを使用して同じタイプの信号を接続し、Demux ブロックを使用して個々の信号にアクセスします。

  • 連結ベクトルまたは信号の行列 — Vector Concatenate または Vector Concatenate ブロックを使用して信号を結合します。

バーチャル バスの使用によって、信号を合成信号に結合するためのほとんどのモデル化の要件が満たされます。バーチャル バスを使用すると、異なるタイプの信号を柔軟に結合できます。非バーチャル バスと比べて、バーチャル バスは使用が簡単で必要メモリが少なくて済み、一般にシミュレーションが高速化されます。バーチャル バスの使用例については、バス入門を参照してください。合成信号を作成する方法の比較については、合成信号の技術の選択を参照してください。

ブロック

Bus Assignment指定したバス要素の置換
Bus Creator入力信号からバス信号を作成
Bus Selector入力バスの信号を選択
In Bus Element 入力端子に接続する信号を選択する
Out Bus Element出力端子に接続する信号の指定
Bus to Vectorバーチャル バスをベクトルに変換
Demuxバーチャル ベクトル信号の要素を抽出して出力
Mux同じデータ型および数値型をもつ入力信号を組み合わせてバーチャル ベクトルにする
Vector Concatenate, Matrix Concatenate同じデータ型をもつ入力信号を連結して連続した出力信号を作成
Signal Conversion信号の値を変えることなく、信号を新しいタイプの信号に変換

関数

すべて展開する

Simulink.BlockDiagram.addBusToVectorバスを Vector ブロックに追加してバーチャル バス信号をベクトル信号に変換
Simulink.Bus.cellToObjectバスの情報を含む cell 配列をバス オブジェクトに変換
Simulink.Bus.createMATLABStructバス信号と同じ階層と属性を使用して MATLAB 構造体を作成
Simulink.Bus.createObjectブロックまたは MATLAB 構造体からのバス オブジェクトの作成
Simulink.Bus.objectToCellバス オブジェクトを使用して、バス情報を含む cell 配列を作成
Simulink.Bus.saveMATLAB ファイルにバス オブジェクトを保存

クラス

Simulink.Bus バス信号のプロパティを指定
Simulink.BusElement バス信号の要素を記述

トピック

合成信号の基礎

合成信号手法

信号を合成信号に結合するために使用できる手法の概要を示します。

合成信号の技術の選択

モデル化要件に対応する合成信号の技術を選択します。

バス入門

Bus Creator ブロックおよび Bus Selector ブロックを使用して信号をバーチャル バスと非バーチャル バスに結合し、これらのバスから信号を選択します。

Bus Creator ブロックを使用したバスの作成

Bus Creator ブロックを使用して作成されたバス信号の命名、再配列、および参照。出力データ型としてバス オブジェクトを使用。

サブシステム バス インターフェイスの簡略化

サブシステムに対するバス信号入力と出力に In Bus Element と Out Bus Element を使用します。

バスに関する情報の表示

パスやバスの種類など、バス信号に関する情報を表示します。

バス信号の経路指定

バス対応ブロック

バス信号を入力としてサポートするブロックを識別します。

バスを入れ子にする

バス信号を別のバス信号に含めて、入れ子にされたバス信号の階層を作成します。

バスへの信号値の代入

Bus Assignment ブロックを使用して、バスの要素に信号の値を代入します。バス要素を選択してそれらをバスに再構築する Bus Selector ブロックと Bus Creator ブロックを追加せずにバス要素の値を変更します。

バス信号サンプル時間の指定

非バーチャル バスのすべての信号は、関連するバス オブジェクトの要素が継承されたサンプル時間を指定する場合でも、同じサンプル時間をもつ必要があります。Rate Transition ブロックを使用して、同じサンプル時間を各バス要素に適用できます。

バス信号の初期条件の指定

バス要素の値をバス信号の初期条件として指定します。

ベクトルとして使用されるバスの修正

モデル アドバイザーを使用するか、モデルを手動で変更することで、バス信号を Mux として使用するモデルを変更します。

バス配列

バス配列へのバスの統合

同じバス型をもつ (同じバス オブジェクトを使用する) 非バーチャルのバス信号をバス配列に統合することで、モデルを効率化します。

モデルでのバス配列の使用

モデルでバス配列の信号を使用し、バス配列のデータを読み込み、バス配列の信号のログを作成します。

バス配列の信号の操作

バス配列を使用して、信号の選択、信号への値の代入、反復処理の実行、信号のログ記録と読み込み、信号の初期化を行うように、モデルを設定します。

バス配列を使用するためのモデルの変換

バス配列を使用しない既存のモデルを、バス配列を使用するように変換します。

モデル インターフェイスでのバス信号

モデル参照インターフェイスにおけるバス

ルートレベルの入力および出力ブロック、Atomic Subsystem の非バーチャル入力ブロック、および参照モデルでバス信号を使用します。

バスの変換

S-Function ブロックと Stateflow® チャートのシミュレーションおよびコード生成の一環として、Simulink® は必要に応じてバーチャル バスを非バーチャル バスに、非バーチャル バスをバーチャル バスに自動的に変換します。

モデル参照の境界を越えるバス データ

Model ブロックを含むモデルと参照モデルとの境界を越えるバス信号を使用します。

バスとライブラリ

ライブラリ ブロックでバス信号を使用します。

バス信号のコードの生成

バーチャル バスと非バーチャル バスのコード生成では、生成される結果が異なります。非バーチャル バスのコード生成では、バスを表す構造体が作成されます。初期条件構造体フィールドのデータ型を制御できます。

インターフェイスの表示を使用した接続の追跡

インターフェイスを表示して入れ子にされたレベルを通して信号を追跡し、信号の特性に注釈を付け、信号に関連する単位を表示します。

モデル読み込み時の信号属性の表示

読み込み時にコンパイルせずに信号属性を表示します。

コンポーネント間の属性の不一致の検出

読み込み時にコンパイルせずに信号属性の不一致を検出します。

バス オブジェクト

バス オブジェクトを使用する状況

バス オブジェクトの概要と、それらを使用できる状況と方法を理解します。

バス エディターによるバス オブジェクトの作成

バス エディターを使用してバス オブジェクトを作成および管理します。

プログラムによるバス オブジェクトの作成

関数およびクラスを使用してバス オブジェクトとバス要素を定義し、ブロックからバス オブジェクトを作成するか、MATLAB® データからバス オブジェクトを作成します。

バス オブジェクトの変更

バス オブジェクトとバス要素のプロパティを変更するか、バス要素を追加および削除します。

バス オブジェクトの保存とインポート

バス オブジェクトは、データ ディクショナリ、MATLAB ファイル、MAT ファイル、またはデータベース ファイルなどの外部ソース ファイルに格納します。これらのファイルからベース ワークスペースにバス オブジェクトを読み込みます。

バス オブジェクトのインポートとエクスポートのカスタマイズ

希望の機能を提供する MATLAB 関数を作成することで、バス エディターのインポート コマンドとエクスポート コマンドをカスタマイズします。Simulink カスタマイズ マネージャーを使用してこれらの関数を登録します。

バス オブジェクトからモデルへのマッピング

バス オブジェクトをモデルに関連付けて、それらの関連付けを追跡します。

注目の例