ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

バスに関する情報の表示

バス信号に関する情報を表示すると、モデルの作成、デバッグ、解析時に役に立ちます。バスに関する情報を表示するには、モデリング タスクに応じて異なるアプローチを使用できます。

  • 対話型のバス階層内のバス信号を対話形式で表示するには、信号階層ビューアーを使用します。

  • シミュレーションの前に特定の端子の値またはブロックの端子の値を表示するには、信号を右クリックして [選択した端子の値ラベルを表示] を選択します。詳細については、端子の値の表示を参照してください。

  • MATLAB® コマンド ラインでバス信号の型と階層を表示するには、CompiledType パラメーターと SignalHierarchy パラメーターを使用します。詳細については、CompiledBusType パラメーターと SignalHierarchy パラメーターを参照してください。

信号階層ビューアー

信号階層ビューアーを使用して、信号に関する情報を表示できます。バスの階層を表示するには、次の手順に従います。

  1. 信号線を右クリックします。

  2. [信号階層] オプションを選択します。[信号階層ビューアー] ダイアログ ボックスが表示されます。

たとえば、busdemo モデルを開きます。

main_bus 信号 (Bus Creator ブロックの出力信号) を右クリックして、[信号階層] を選択します。

それぞれの信号階層ビューアーは、特定のモデルが関連付けられています。関連付けられた信号階層ビューアーが開いているときにモデルを編集すると、信号階層ビューアーはそれらの更新を反映します。

また、Simulink® エディター内の信号階層ビューアーを開くこともできます。

  1. [ブロック線図][信号と端子][信号階層] を選択します。

  2. 信号を選択します。

メモ

編集時に正確な結果を生成するために、信号階層ビューアーでは、モデルのコンパイルが正常に実行される必要があります。

表示された信号をフィルター処理するには、[名前でフィルター] エディット ボックスの右側にある [オプション] ボタン () をクリックします。

  • 信号名のフィルター処理用に MATLAB 正規表現を使用するには、[正規表現を有効にする] を選択します。たとえば、信号名が小文字の r で終了するすべての信号 (およびその直接の親) を表示するには、[名前でフィルター] エディット ボックスに「r$」と入力します。詳細については、正規表現 (MATLAB)を参照してください。

  • [名前でフィルター] エディット ボックスの検索テキストに基づいて、フィルター処理された信号のリストを表示するのにフラット リスト形式を使用するには、[フィルター処理された結果をフラット リストとして表示する] を選択します。フラット リスト形式では、バス信号の階層を反映するドット表記を使用します。この例は、フィルター処理された一連の入れ子のバス信号に対するフラット リスト形式を示します。

端子の値の表示

シミュレーションの前に特定の端子の値またはブロックの端子の値を表示するには、信号を右クリックして [選択した端子の値ラベルを表示] を選択します。

バス信号の場合、[選択した端子の値ラベルを表示] オプションでダイアログ ボックスが開き、バス内のすべての信号から選択することができます。たとえば、このモデルでは ModelBus に含まれているすべての信号のダイアログ ボックスが表示されます。

端子の値の表示の詳細については、特定の端子の値の表示を参照してください。

CompiledBusType パラメーターと SignalHierarchy パラメーター

コンパイルしたモデルにおけるバス信号のタイプと階層についての情報を入手するには、以下のパラメーターを使用して get_param コマンドを実行します。

  • CompiledBusType - コンパイルしたモデルに対して、端子に接続されている信号がバス信号かどうか、また信号がバーチャル バスか非バーチャル バスかについての情報を返します。

  • SignalHierarchy — 信号がバス信号の場合、名前とバス内の信号の階層が返されます。

これらのコマンドを使用する前に、CompiledBusType の場合は、ブロック線図を更新するか、モデルをシミュレートします。

たとえば、busdemo モデルを開いてシミュレートします。

次のコードは、SignalHierarchy パラメーターと CompiledBusType パラメーターの使用方法を示しています。

mdl = 'busdemo'; 
open_system(mdl)
% Obtain the handle a port
ph = get_param([mdl '/Bus Creator'], 'PortHandles');
% SignalHierarchy is available at edit time
sh = get_param(ph.Outport, 'SignalHierarchy')
% Compile the model
busdemo([],[],[],'compile');
bt = get_param(ph.Outport, 'CompiledBusType')
% Terminate the model
busdemo([],[],[],'term');

関連するトピック