Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

バス配列のモデル化

バス配列は構造化されたデータを簡潔に表現します。同じバスの複数のコピーをインクルードする必要はありません。また、For Each Subsystem を使用した反復処理もサポートします。

バス配列への入力バスは非バーチャルで、同じデータ型 (バス要素に対して同じ名前、階層、属性を持つ) でなければなりません。

sldemo_bus_arrays モデルを開きます。

このモデルでは、Vector Concatenate ブロックが非バーチャル バスからバス配列を作成し、Constant ブロックが構造体からバス配列を作成しています。

モデルは、以下でバス配列を使用します。

  • Selector ブロック。バス配列から非バーチャル バスを抽出します。

  • Assignment ブロック。配列内のバスを割り当てます。

  • For Each Subsystem ブロック。配列内の各バスを反復して処理します。

  • Memory ブロック。前のタイム ステップからのバス配列の入力を出力します。

参考

関連するトピック