Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Vector Concatenate、Matrix Concatenate

同じデータ型をもつ入力信号を連結して連続した出力信号を作成

  • ライブラリ:
  • Simulink / Commonly Used Blocks

    Simulink / Math Operations

    Simulink / Signal Routing

    HDL Coder / Math Operations

    HDL Coder / Signal Routing

  • Vector Concatenate block
  • Matrix Concatenate block

説明

Vector Concatenate ブロックと Matrix Concatenate ブロックは、入力信号を連結し、非バーチャル出力信号を生成します。この非バーチャル出力信号の要素は、メモリ内の連続した位置にあります。

Simulink® ライブラリでは、これらのブロックは同じブロックでも構成が異なります。これらのブロックは、[モード] パラメーターの設定によって異なります。このパラメーターは、ブロックがベクトルまたは多次元配列どちらの連結モードで機能するか決定します。入力信号要件と出力信号は、連結のモードによって異なります。

ブロック[モード] 設定入力信号要件出力信号
Vector Concatenateベクトル

  • ベクトル

  • 行ベクトル (1 行 M 列の行列)

  • 列ベクトル (M 行 1 列の行列)

  • ベクトルと行ベクトルまたは列ベクトルのいずれかの組み合わせ

すべての入力がベクトルの場合、出力はベクトルになります。

入力のいずれかが行ベクトルまたは列ベクトルである場合、出力はそれぞれ行ベクトルまたは列ベクトルになります。

ヒント

関数呼び出しのベクトルを作成する場合は、Mux ブロックを使用します。

Matrix Concatenate多次元配列

任意の次元の信号 (スカラー、ベクトル、行列)

出力は、常に配列です。

低次元の入力の場合、後の次元は 1 とみなされます。たとえば、出力が 4 次元で、入力が [2x3] (2 次元) の場合、このブロックは入力を [2x3x1x1] として取り扱います。

連結は、[連結の次元] パラメーターで指定した次元に対して実行されます。

出力信号の信号は、ブロックの入力信号と同じ順序で表示されます。ブロックの向きに関する端子の順番の詳細については、回転または反転後の端子の位置を参照してください。

段階的に複数の Vector Concatenate ブロックまたは Matrix Concatenate ブロックを使用して出力信号を作成できますが、単一のブロックを使用して信号を連結するときと同様に結果はフラットになります。

バス配列を定義する場合は、Vector Concatenate ブロックまたは Matrix Concatenate ブロックを使用しなければなりません。詳細については、非バーチャル バスのバス配列へのグループ化を参照してください。

端子

入力

すべて展開する

連結する最初の入力。スカラー、ベクトル、行列、または N 次元配列として指定します。

  • 入力は、同じデータ型でなければなりません。

  • 行列と N 次元配列の入力は、[モード][多次元配列] に設定されているときのみサポートされます。

データ型: single | double | half | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | Boolean | fixed point | enumerated | bus

連結する N 番目の入力。スカラー、ベクトル、行列、または N 次元配列として指定します。

  • 入力は、同じデータ型でなければなりません。

  • 行列と N 次元配列の入力は、[モード][多次元配列] に設定されているときのみサポートされます。

依存関係

この端子を有効にするには、[入力数] を 2 以上の整数に設定します。

データ型: single | double | half | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | Boolean | fixed point | enumerated | bus

出力

すべて展開する

指定した次元に沿った入力信号の連結です。出力のデータ型は入力と同じです。

データ型: single | double | half | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | Boolean | fixed point | enumerated | bus

パラメーター

すべて展開する

ブロックの入力の数を 65536 以下で正の整数の実数値として指定します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: NumInputs
型: 文字ベクトル
値: 正の整数
既定の設定: '2'

このブロックが行う連結の種類を選択します。Vector Concatenate ブロックの既定の [モード][ベクトル] です。Matrix Concatenate ブロックの既定の [モード][多次元配列] です。

  • [ベクトル] を選択した場合、ブロックはベクトル連結を実行します。

  • [多次元配列] を選択した場合、ブロックは行列連結を実行します。

[モード] 設定入力信号出力
ベクトル

  • ベクトル

  • 行ベクトル (1 行 M 列の行列)

  • 列ベクトル (M 行 1 列の行列)

  • ベクトルと行ベクトルまたは列ベクトルのいずれかの組み合わせ

すべての入力がベクトルの場合、出力はベクトルになります。

入力のいずれかが行ベクトルまたは列ベクトルである場合、出力はそれぞれ行ベクトルまたは列ベクトルになります。

多次元配列

任意の次元の信号 (スカラー、ベクトル、行列)

出力は、常に配列です。

低次元の入力の場合、後の次元は 1 とみなされます。たとえば、出力が 4 次元で、入力が [2x3] (2 次元) の場合、このブロックは入力を [2x3x1x1] として取り扱います。

連結は、[連結の次元] パラメーターで指定した次元に対して実行されます。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: Mode
型: 文字ベクトル
値: 'Vector' | 'Multidimensional array'
既定の設定: 'Vector'

入力配列を連結する出力の次元を指定します。

  • 入力配列を垂直に連結するには、1 を入力します。

  • 入力配列を水平に連結するには、2 を入力します。

  • 入力に多次元連結を実行するには、2 より大きい整数を指定します。

このパラメーターを 1 に設定し、ブロック入力が 2 次元行列である場合、ブロックは行列の垂直方向の連結を実行し、入力行列どうしを上下に並べて、出力行列を作成します。例については、ex_concatenate_vertical モデルを参照してください。

The input matrices [1 2;3 4] and [5 6] are vertically concatenated to create the output matrix [1 2; 3 4; 5 6].

このパラメーターを 2 に設定し、ブロック入力が 2 次元行列である場合、ブロックは行列の水平方向の連結を実行し、入力行列を左右に並べて配置して、出力行列を作成します。例については、ex_concatenate_horizontal モデルを参照してください。

The input matrices [1 2;3 4] and [5;6] are horizontally concatenated to create the output matrix [1 2 5;3 4 6].

入力行列は、連結のために互換性のあるサイズでなければなりません。垂直方向の連結には、入力行列が同じ列数であることが必要です。水平方向の連結には、入力行列が同じ行数であることが必要です。

このパラメーターを 3 に設定し、ブロック入力が 2 次元行列である場合、ブロックは多次元行列の連結を実行します。例については、ex_concatenate_multidims モデルを参照してください。

The dimension of each input matrix is [2x2] and the dimension of the output matrix is [2x2x2].

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[モード][多次元配列] に設定します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: ConcatenateDimension
型: 文字ベクトル
値: スカラー整数
既定の設定: '1'

ブロックの特性

データ型

Boolean | double | enumerated | fixed point | half | integer | single

直接フィードスルー

はい

多次元信号

いいえ

可変サイズの信号

はい

ゼロクロッシング検出

いいえ

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

PLC コード生成
Simulink® PLC Coder™ を使用して構造化テキスト コードを生成します。

固定小数点の変換
Fixed-Point Designer™ を使用して固定小数点システムの設計とシミュレーションを行います。

R2009b で導入