Main Content

Signal Routing

Bus Creator や Switch などの信号の経路を指定するブロック

Signal Routing ライブラリのブロックは、合成信号の作成、データ ストアの管理、入力の切り替えに使用します。

ブロック

Bus Assignment指定したバス要素への新しい値の代入
Bus Creator入力要素からバスを作成
Bus Selector入力バスの要素を選択
Data Store Memoryデータ ストアの定義
Data Store Readデータ ストアからデータの読み取り
Data Store Writeデータ ストアへデータの書き込み
Demuxバーチャル ベクトル信号の要素を抽出して出力
Environment Controller(削除済み) シミュレーションのみ、またはコード生成のみに適用される分岐をブロック線図に作成
FromGoto ブロックからの入力の受け入れ
Gotoブロック入力を From ブロックに渡す
Goto Tag VisibilityGoto ブロックタグの範囲を定義
Index Vector最初の入力の値に基づいてさまざまな入力間での出力の切り替え
Manual Switch2 つの入力間の切り替え
Manual Variant Sink出力での複数バリアント選択肢の切り替え
Manual Variant Source入力での複数バリアント選択肢の切り替え
Merge複数の信号を単一の信号に結合
Multiport Switch制御信号に基づく出力信号の選択
Mux同じデータ型および実数/複素数の入力信号をバーチャル ベクトルに結合する
Parameter Writerブロック パラメーターまたはモデル ワークスペース変数への書き込み
Selectorベクトル信号または行列信号、多次元信号からの入力要素を選択
State Readerブロックの状態を読み取る
State Writerブロックの状態に書き込む
Switch複数の信号を単一の信号に結合
Variant Sinkバリアントを使用した複数の出力間での経路指定
Variant Sourceバリアントを使用した複数の入力間での経路指定
Vector Concatenate, Matrix Concatenate同じデータ型をもつ入力信号を連結して反復処理を実行