Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

From

Goto ブロックからの入力の受け入れ

  • ライブラリ:
  • Simulink / Signal Routing

    HDL Coder / Signal Routing

  • From block

説明

From ブロックは、対応する Goto ブロックから信号を受け入れて、出力として渡します。出力のデータ型は Goto ブロックからの入力のデータ型と同じです。From ブロックと Goto ブロックを使用することで、あるブロックから別のブロックへ実際に接続することなく信号を渡すことができます。

たとえば、このモデルは Goto ブロックと From ブロックを使用します。

A Sine Wave block connects to a Goto block. The corresponding From block connects to a Gain block.

等価モデルは Sine Wave ブロック信号を Gain ブロックに直接渡します。

The Sine Wave block connects directly to the Gain block.

From ブロックは 1 つの Goto ブロックからしか信号を受け取ることができませんが、Goto ブロックは 1 つを超える From ブロックに信号を渡すことができます。

Goto ブロックを From ブロックに関連付けるには、[Goto タグ] パラメーターに Goto ブロックのタグを入力します。

Goto ブロックのタグの可視性によって、その信号を受け取ることができる From ブロックが決まります。詳細については、Goto および Goto Tag Visibility を参照してください。このブロックは、Goto ブロックのタグの可視性を示します。

  • ローカル タグ名は、大かっこ ([]) で囲まれます。

  • スコープ内のタグ名は、中かっこ ({}) で囲まれます。

  • グローバル タグ名が表示される場合、追加される文字はありません。

Goto ブロックを選択すると、対応する From ブロックが強調表示されます。

The two From blocks that corresponds to the selected Goto block is highlighted.

同様に、From ブロックを選択すると、対応する Goto ブロックが強調表示されます。

The Goto block that corresponds to the selected From block is highlighted.

対応する Goto ブロックまたは From ブロックがサブシステムに含まれている場合、Subsystem ブロックが強調表示されます。

From ブロックは信号ラベルの伝播をサポートします。

端子

出力

すべて展開する

接続された Goto ブロックからの信号。Goto ブロックへの入力と同じ次元とデータ型をもつ出力です。

データ型: single | double | half | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | Boolean | fixed point | enumerated | bus

パラメーター

すべて展開する

この From ブロックに信号を渡す Goto ブロックのタグを指定します。タグを変更するには、ドロップダウン リストから新しいタグを選択します。

ドロップダウン リストには、From ブロックが現在参照できる Goto タグが表示されます。Simulink® セッションではじめてリストを表示するときに、リストの末尾に <More Tags...> とラベル付けされた項目が現れます。この項目を選択すると、この From ブロックを含むモデルによって参照されるライブラリ サブシステム内にある Goto ブロックのタグを含むタグ リストがブロックによって更新されます。Simulink ソフトウェアは、ライブラリ タグのリストを作成中に、進行状況バーを表示します。Simulink は、Simulink セッションの間、または次に隣の [タグの更新] ボタンを選択するときまで、更新されたタグのリストを保存します。リストを最後に更新してから、モデルによって参照されるライブラリが変更された場合に限り、現在のセッションでタグ リストを再び更新する必要があります。

ヒント

複数の From ブロックおよび Goto Tag Visibility ブロックを使用して同じ Goto タグを参照している場合は、すべてのブロックでタグ名を同時に変更できます。これを実行するには、Goto ブロックのダイアログ ボックスで [すべての名前の変更] ボタンを使用します。

関連する Goto ブロックを見つけるには、From ブロック ダイアログ ボックスの [Goto ソース] ハイパーリンクを使用します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: GotoTag
型: 文字ベクトル
値: 'A' | ...
既定の設定: 'A'

この From ブロックで参照可能タグ (この From ブロックを含むモデルによって参照されるライブラリ内にあるタグも含む) のリストを更新します。リストを最後に更新してから、モデルによって参照されるライブラリが変更された場合に限り、現在のセッションでタグ リストを再び更新します。

この From ブロックに接続されている Goto ブロックへのパス。パスをクリックすると、モデル内の Goto ブロックが表示および強調表示されます。

From ブロックのアイコンに表示するテキストを指定します。オプションは、ブロックのタグ、ブロックが表す信号の名前、またはタグと信号名の両方です。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: IconDisplay
型: 文字ベクトル
値: 'Signal name' | 'Tag' | 'Tag and signal name'
既定の設定: 'Tag'

モデルの例

ブロックの特性

データ型

Boolean | bus | double | enumerated | fixed point | half | integer | single | string

直接フィードスルー

いいえ

多次元信号

はい

可変サイズの信号

はい

ゼロクロッシング検出

いいえ

詳細

すべて展開する

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

PLC コード生成
Simulink® PLC Coder™ を使用して構造化テキスト コードを生成します。

固定小数点の変換
Fixed-Point Designer™ を使用して固定小数点システムの設計とシミュレーションを行います。

R2006a より前に導入