ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Goto

ブロック入力を From ブロックに渡す

  • ライブラリ:
  • Simulink / Signal Routing

    HDL Coder / Signal Routing

説明

Goto ブロックは、対応する From ブロックに入力を渡します。入力は、任意のデータ型の実数値または複素数値信号またはベクトルです。From ブロックと Goto ブロックを使用すると、それらを実際に接続しなくても、ブロックから別のブロックに信号を渡すことができます。

Goto ブロックは入力信号を 1 つを超える From ブロックに渡すことができますが、From ブロックは 1 つの Goto ブロックからしか信号を受け取ることができません。その Goto ブロックへの入力は、ブロックが物理的に接続されているかのように、それに関連付けられた From ブロックに渡されます。Goto ブロックと From ブロックは、Goto タグの使用によって関連付けられます。

[タグの可視性] パラメーターは、信号にアクセスする From ブロックの位置が制限されるかどうかを決めます。

  • ローカル (既定) — 同じタグを使用する From ブロックと Goto ブロックが同じサブシステムになければなりません。ローカル タグ名は、大かっこ ([]) で囲まれます。

  • スコープ内 — 同じタグを使用する From ブロックと Goto ブロックが、同じサブシステムか、モデル階層において Goto Tag Visibility ブロックより下のレベルになければなりません。この Goto Tag Visibility ブロックは、非バーチャル サブシステム境界、すなわち、atomic、条件付き実行、または Function-Call Subsystem あるいはモデル参照の境界をまたがることはありません。スコープ内のタグ名は、中かっこ ({}) で囲まれます。

  • グローバル — 同じタグを使用する From ブロックと Goto ブロックが、非バーチャル サブシステムの境界をまたがる位置以外は、モデル内のどこにあってもかまいません。

From ブロックと Goto ブロックの接続が非バーチャル サブシステムの境界をまたがることはできないというルールには、次の例外があります。1 つの条件付き実行サブシステムの状態端子に接続されている Goto ブロックは、他の条件付き実行サブシステム内の From ブロックから見えます。

メモ

マスク設定されたシステム内の [スコープ内]Goto ブロックは、そのサブシステムとそれに含まれている非バーチャル サブシステムでのみ可視です。マスク サブシステム内で対応する [スコープ内]Goto ブロックより上のレベルに Goto Tag Visibility ブロックがあり、そのブロック線図を実行または更新した場合、Simulink® はエラーを生成します。

同じタグ名を使用する Goto ブロックと From ブロックが同じサブシステムにある場合は、ローカル タグを使用してください。同じタグ名を使用する Goto ブロックと From ブロックが異なるサブシステムにある場合は、グローバルまたはスコープ内タグを使用しなければなりません。タグをグローバルとして定義した場合、そのタグの使用はすべて、同じ信号にアクセスします。スコープ内として定義されたタグは、モデル内の 1 つを超える場所で使用することができます。

Goto ブロックは信号ラベルの伝播をサポートします。

端子

入力

すべて展開する

対応する From ブロックに渡される入力信号。スカラー、ベクトル、行列または N 次元配列として指定します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | Boolean | fixed point | enumerated | bus

パラメーター

すべて展開する

Goto ブロック識別子。このパラメーターは、範囲がこのブロックで定義される Goto ブロックを識別します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: GotoTag
型: 文字ベクトル
値: 'A' | ...
既定の設定: 'A'

Goto ブロック タグの範囲。[ローカル][スコープ内]、または [グローバル] として指定します。このパラメーターを [スコープ内] に設定した場合、Goto Tag Visibility ブロックを使用してタグの可視性の範囲を定義しなければなりません。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: TagVisibility
型: 文字ベクトル
値: 'local' | 'scoped' | 'global'
既定の設定: 'local'

ブロックのアイコンに表示するテキストを指定します。オプションは、ブロックのタグ、ブロックが表す信号の名前、またはタグと信号名の両方です。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: IconDisplay
型: 文字ベクトル
値: 'Signal name' | 'Tag' | 'Tag and signal name'
既定の設定: 'Tag'

Goto タグの名前を変更します。新しい名前は、[対応するブロック] ボックスにリストされているすべての From ブロックと Goto Tag Visibility ブロックに伝播します。

この Goto ブロックに接続されている From ブロックと Goto Tag Visibility ブロックのリスト。リスト内のエントリをクリックし、対応する From ブロックまたは Goto Tag Visibility ブロックを表示および強調表示します。

ブロックの特性

データ型

Boolean | bus | double | enumerated | fixed point | integer | single | string

直接フィードスルー

いいえ

多次元信号

はい

可変サイズの信号

はい

ゼロクロッシング検出

いいえ

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

PLC コード生成
Simulink® PLC Coder™ を使用して構造化テキスト コードを生成します。

固定小数点の変換
Fixed-Point Designer™ を使用して固定小数点システムの設計とシミュレーションを行います。

R2006a より前に導入