ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Goto Tag Visibility

Goto ブロックタグの範囲を定義

  • ライブラリ:
  • Simulink / Signal Routing

説明

Goto Tag Visibility ブロックは、scoped の可視性をもつ Goto ブロック タグのアクセス可能性を定義します。[Goto タグ] ブロック パラメーターに指定した値は、Goto Tag Visibility ブロックを含む同じサブシステム内と、モデル階層においてそれより下のサブシステム内の From ブロックからアクセスできます。

Goto Tag Visibility ブロックは、[タグの可視性] パラメーターの値が scoped である Goto ブロックに必要です。タグの可視性が [local] または [global] の場合、Goto Tag Visibility ブロックは不要です。ブロックは、タグ名を中かっこ ({}) で囲んで示します。

メモ

マスク設定されたシステム内の [スコープ内]Goto ブロックは、そのサブシステムとそれに含まれている非バーチャル サブシステムでのみ可視です。マスク サブシステム内で対応する [スコープ内]Goto ブロックより上のレベルに Goto Tag Visibility ブロックがあり、そのブロック線図を実行または更新した場合、Simulink® はエラーを生成します。

パラメーター

すべて展開する

このブロックの位置によって可視性が定義される Goto ブロック タグ。指定されたタグを使用する From ブロックと Goto ブロックは、同じサブシステムか、モデル階層において Goto Tag Visibility ブロックより下のレベルになければなりません。この Goto Tag Visibility ブロックは、非バーチャル サブシステム境界、つまり、atomic、条件付き実行、または Function-Call Subsystem あるいはモデル参照の境界をまたがることはありません。スコープ内のタグ名は、中かっこ ({}) で囲まれます。

ヒント

複数の From および Goto Tag Visibility ブロックを使用して同じ Goto タグを参照している場合は、すべてのブロックでタグ名を同時に変更できます。Goto ブロックのダイアログ ボックスで [すべての名前の変更] ボタンを使用します。

ブロックの特性

データ型

Boolean | bus | double | enumerated | fixed point | integer | single

直接フィードスルー

いいえ

多次元信号

いいえ

可変サイズの信号

いいえ

ゼロクロッシング検出

いいえ

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

PLC コード生成
Simulink® PLC Coder™ を使用して構造化テキスト コードを生成します。

固定小数点の変換
Fixed-Point Designer™ を使用して固定小数点システムの設計とシミュレーションを行います。

参考

|

R2006a より前に導入