ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Demux

バーチャル ベクトル信号の要素を抽出して出力

  • ライブラリ:
  • Simulink / Commonly Used Blocks

    Simulink / Signal Routing

    HDL Coder / Commonly Used Blocks

    HDL Coder / Signal Routing

説明

Demux ブロックは入力ベクトル信号の成分を抽出し、個別の信号を出力します。出力信号端子は上から下へ並べられます。ベクトルの作成と分解の詳細は、Mux 信号を参照してください。

端子

入力

すべて展開する

Demux ブロックがスカラー信号または小さいベクトルを選択するベクトル入力信号。

出力

すべて展開する

入力ベクトルから抽出された出力信号。出力信号端子は上から下へ並べられます。ブロックの向きに関する端子の順番の詳細は、回転または反転後の端子の位置を参照してください。

パラメーター

すべて展開する

各出力端子の数と (オプションで) 次元を指定します。出力の次元を指定しない場合は、ブロックが出力の次元を自動的に決めます。

この値は、出力数を示すスカラー、または各要素がブロックの出力端子幅を示すベクトルになります。ブロックは、入力信号のサイズと [出力数] パラメーター値から出力のサイズを決めます。

[出力の数] パラメーターでスカラーを指定し、すべての出力端子が接続されている場合に、Demux ブロックの出力側近くに新しい信号線を描画すると、Simulink で端子が追加されて、[出力の数] パラメーターが更新されます。

n の入力ベクトルの場合、ブロックの出力は次のようになります。

パラメーター値ブロック出力...例およびコメント

p = n

p 個のスカラー値

入力が 3 要素ベクトルの場合、3 つの出力を指定すると、ブロックは 3 つのスカラー信号を出力します。

p > n

エラー

この値はサポートされません。

p < n

n mod p = 0

それぞれが n/p 要素をもつ p 個のベクトル信号

入力が 6 要素ベクトルの場合、3 つの出力を指定すると、ブロックは 3 つの 2 要素ベクトルを出力します。

p < n

n mod p = m

それぞれが (n/p)+1 要素をもつ m 個のベクトル信号と n/p 要素をもつ p-m 個の信号

入力が 5 要素ベクトルの場合、3 つの出力を指定すると、ブロックは 2 つの 2 要素ベクトルと 1 つのスカラー信号を出力します。

[p1 p2 ... pm]

p1+p2+...+pm=n

pi > 0

p1p2、... pm をもつ m 個のベクトル信号

入力が 5 要素ベクトルの場合、出力として [3, 2] を指定すると、ブロックは入力要素の 3 つを一方の端子に、他の 2 つの要素をもう一方の端子に出力します。

値が -1m 要素を 1 つ以上もつ配列。この値は Simulink が要素のサイズを推定することを指定します。

たとえば、合計幅が 14 の 4 要素配列があり、パラメーターが [p1 p2 -1 p4] になるように指定するとします。

3 番目の要素 (-1 要素) の値は 14 - (p1 + p2 + p4) です。

m 個のベクトル信号

pi がゼロより大きい場合、対応する出力の幅は pi です。pi が -1 の場合、対応する出力の幅は動的に計算されます。

[p1 p2 ... pm]

p1+p2+...+pm!=n

pi = > 0

エラー

この値はサポートされません。

入力要素の数より少ない出力数を指定する場合、ブロックは要素をできるだけ均等に出力へ分散させます。例については、ベクトル要素を抽出して、出力に均等に配分するDemux ブロックを使用したベクトル要素の抽出を参照してください。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: Outputs
タイプ: スカラーまたはベクトル
値: 文字ベクトル
既定の設定: {'2'} またはベクトル

既定では、ブロック アイコンはブロックの前景色で塗りつぶされたバーになります。ブロックのタイプ名をボックス内に含めたアイコンを表示するには、[なし] を選択します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: Display option
型: 文字ベクトル
値: 'bar' | 'none'
既定の設定: 'bar'

ブロックの特性

データ型

Boolean | double | enumerated | fixed point | integer | single

直接フィードスルー

はい

多次元信号

いいえ

可変サイズの信号

いいえ

ゼロクロッシング検出

いいえ

拡張機能

PLC コード生成
Simulink® PLC Coder™ を使用して構造化テキスト コードを生成します。

R2006a より前に導入