ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Bus Selector

入力バスの信号を選択

  • ライブラリ:
  • Simulink / Commonly Used Blocks

    Simulink / Signal Routing

    HDL Coder / Signal Routing

説明

Bus Selector ブロックは、入力のバス要素から指定したサブセットを出力します。ブロックは、選択した要素を複数の独立した信号または新しいバスの要素として出力できます。

既定の設定では、Simulink® は非バス信号を暗黙的にバス信号に変換して、Bus Selector ブロックへの信号の接続をサポートします。Simulink がその変換を行わないようにするには、バス信号として扱われる非バス信号の診断を [警告] または [エラー] に設定します。

ブロックは複数の要素を出力する際、ブロックの最上部から最下部へ個々の端子から各要素を出力します。ブロックの向きに関する端子の順番の詳細は、回転または反転後の端子の位置を参照してください。

Simulink エディターで、Bus Selector ブロックの出力側に近い新しい信号線を描画するときに、すべての出力端子が既に接続されている場合、Simulink エディターでは以下が実行されます。

  • 端子の追加

  • 選択する信号の指定を求めるプロンプトの表示

この自動端子追加のアプローチは以下のいずれの場合も使用できません。

  • Bus Selector ブロックに接続されているバス入力信号がない場合。

  • Bus Selector ブロック アイコンの近くに信号線を描画するときに表示されるプロンプトに応答して信号を指定していない場合。

  • [バーチャル バスとして出力] パラメーターを選択します。

ヒント

サブシステムに接続する多くのバス要素で構成されるバス信号を含むモデルについては、In Bus Element ブロックと Out Bus Element ブロックを使用することを検討してください。入力用の Bus Selector ブロックをもつ Inport と出力用の Bus Creator ブロックをもつ Outport を使用する代わりに、これらのバス要素端子ブロックを使用できます。これらのバス要素端子ブロックにより、次が可能です。

  • ブロック線図における信号線の複雑さと煩雑さを低減する。

  • インターフェイスの段階的な変更を容易にする。

  • 使用ポイントに近いバス要素へのアクセスを許可して、Bus Selector および Goto ブロック構成の使用を回避する。

端子

入力

すべて展開する

入力バス信号は、バス配列を除く、Simulink でサポートされる任意のデータ型の実数値または複素数値をもつことができます。バス配列の信号を処理するには、Selector ブロックを使用して、Bus Selector ブロックとともに使用するバス要素のインデックスを選択します。次に、選択したバス要素と Bus Selector ブロックを一緒に使用します。

出力

すべて展開する

入力バス信号の選択されたバス要素信号。このブロックでは、それぞれの出力信号に対して、ブロックの上から下の順に個別の端子を使用します。ブロックの向きに関する端子の順番の詳細は、回転または反転後の端子の位置を参照してください。

[バーチャル バスとして出力] パラメーターを選択すると、出力バスはバーチャルになります。非バーチャル バス出力を生成するには、Bus Selector ブロックの後に Signal Conversion ブロックを挿入します。Signal Conversion ブロックの [出力] パラメーターを [非バーチャル バス] に設定し、[データ型] パラメーターに Simulink.Bus バス オブジェクトを使用するように設定します。例については、Signal Conversion のドキュメンテーションを参照してください。

パラメーター

すべて展開する

出力する信号を選択する入力バスのバス要素信号のリスト。出力する信号を選択するには、リスト内で信号をクリックし、[選択 >>] をクリックします。

ブロックに接続したバスに修正を反映させるには、[更新] をクリックして表示を更新します。

ブロックに入る信号のソースを検索するには、リスト内の信号を選択して [検索] をクリックします。Simulink ソフトウェアにより、ブロック線図で信号ソースが強調されます。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: InputSignals
タイプ: 行列
値: 信号名
既定の設定: {'[]'}

入力信号の長いリストをフィルター処理するために使用する検索用語を指定します。検索用語は引用符で囲まないでください。フィルターは部分的な文字列検索を行います。検索用語を指定するための正規表現の使用も含め、フィルター処理オプションにアクセスするには、[名前でフィルター] エディット ボックスの右にある ボタンをクリックします。

信号名をフィルター処理するための MATLAB® 正規表現の使用を有効にします。たとえば、[名前でフィルター] エディット ボックスに「t$」と入力すると、信号名が小文字の t で終了するすべての信号 (およびその直接の親) が表示されます。詳細については、正規表現 (MATLAB)を参照してください。

依存関係

このパラメーターにアクセスするには、[名前でフィルター] エディット ボックスの右側にある ボタンをクリックします。

既定の設定では、[名前でフィルター] エディット ボックスの検索テキストに基づいてツリーにフィルター処理された信号が表示されます。ドット表記を使用してバス信号の階層を反映するフラット リスト形式を使用するには、このパラメーターを選択します。

依存関係

このパラメーターにアクセスするには、[名前でフィルター] エディット ボックスの右側にある ボタンをクリックします。

[選択された信号] にリストされた出力信号が Bus Selector ブロックへの入力でない場合は、信号名は 3 つの疑問符 (???) で始まります。

[上][下][削除] ボタンを使用して、リストを変更できます。変更を保存するには、[適用] をクリックします。移動または削除する複数の連続的な信号を選択できます。バス内のリーフ信号を再配列することはできません。たとえば、バス信号 Bus1 はリスト内で上下に移動できますが、Bus1 のバス要素を再配列することはできません。信号の順序を変更しても、端子との接続は維持されます。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: OutputSignals
型: 文字ベクトル
値: 'signal1,signal2' という形式の文字ベクトル
既定の設定: なし

既定では、このブロックにより、選択された要素がそれぞれ対応する要素の名前でラベル付けされた出力端子からスタンドアロンの信号として出力されます。選択したバス要素信号をバスとして出力するには、このパラメーターを選択します。

出力バスはバーチャルです。非バーチャル バス出力を生成するには、Bus Selector ブロックの後に Signal Conversion ブロックを挿入します。Signal Conversion ブロックの [出力] パラメーターを [非バーチャル バス] に設定し、[データ型] パラメーターに Simulink.Bus バス オブジェクトを使用するように設定します。例については、Signal Conversion のドキュメンテーションを参照してください。

[選択された信号] リストに 1 つの信号のみが含まれていて [バーチャル バスとして出力] を有効にしたときに、選択した信号が次の場合の結果は以下のとおりです。

  • 非バス信号の場合は、非バス信号として扱われます (バス内にラップされません)。

  • バス信号の場合は、出力はそのバス信号です。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: OutputAsBus
型: 文字ベクトル
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

ブロックの特性

データ型

Boolean | bus | double | enumerated | fixed point | integer | single | string

直接フィードスルー

はい

多次元信号

はい

可変サイズの信号

はい

ゼロクロッシング検出

いいえ

拡張機能

PLC コード生成
Simulink® PLC Coder™ を使用して構造化テキスト コードを生成します。

R2006a より前に導入