Main Content

バス要素への信号値の代入

この例では、Bus Assignment ブロックを使用してバス要素の値を置き換える方法を示します。Bus Selector ブロックと Bus Creator ブロックを追加してバス要素の値を変更する必要はありません。

モデル例を開いて、シミュレーションを実行します。

Bus Assignment ブロックには入力端子が 2 つあります。最初の入力端子は、新しい値を代入する要素を含むバスを受け取ります。バスはバーチャルまたは非バーチャルどちらでもかまいません。2 番目の入力端子は、バス要素に代入する値をもつ信号を受け取ります。

Bus Assignment ブロックをダブルクリックして代入オプションのダイアログ ボックスを開きます。[ブロック パラメーター] ダイアログ ボックスの [バス内の要素] のリストに、代入に使用できる要素が一覧表示されます。

この例では、バス要素 ab を代入に使用できます。要素 a[割り当てられる要素] のリストにも表示されています。これは、代入の対象として選択されていることを示します。

新しい値をバス要素に代入するには、新しい値を提供する信号を Bus Assignment ブロックの対応する端子に接続します。値を代入する要素は非バス信号でもバスでもかまいません。新しい値は、元のバスの要素の属性に一致しなければなりません。

このモデルでは、要素 a に新しい値を代入する端子に信号 c が接続されています。バス要素は端子ラベルで示されます。要素 a の端子ラベルは ":=a" です。

Bus Assignment ブロックは、バス要素 a の値 1 を信号 c の値 3 に置き換えます。

要素 a の新しい値と要素 b の変更されていない値を表示するために、Bus Selector ブロックで要素 ab を選択し、それらを Display ブロックに接続します。Display ブロックに、それらの要素の代入後の値が表示されます。

  • 要素 a の値は 3 です。これは、Bus Assignment ブロックで代入された新しい値です。

  • 要素 b の値は 2 です。これは、この要素の元の値です。

[バス内の要素] で要素を選択して [選択] をクリックすることで、代入する追加の要素を選択できます。新しい値を代入する追加の要素ごとに、Bus Assignment ブロックで入力端子が追加されます。新しい入力端子で、追加のバス要素に代入する信号を接続できます。

参考

ブロック

関連するトピック