Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Bus Creator

入力要素からバスを作成

  • ライブラリ:
  • Simulink / Commonly Used Blocks

    Simulink / Signal Routing

    HDL Coder / Signal Routing

  • Bus Creator block

説明

Bus Creator ブロックは、複数の入力要素を結合してバスにします。入力端子には、他のバスを含め、任意の要素タイプを接続できます。バス内の要素には、Bus Selector ブロックを使用してアクセスできます。

バスの要素は、一意の名前をもたなければなりません。既定では、バスの各要素は、Bus Creator ブロックに接続された要素の名前を継承します。重複する名前が存在する場合、Bus Creator ブロックによってすべての入力要素名に端子番号が追加されます。要素が名前をもたない場合、Bus Creator ブロックによって signaln の形式で名前が付けられます。ここで、n はその要素に接続された端子番号です。要素のソースを検索するときや、他のブロックに接続する要素を選択するとき、要素を名前で参照できます。要素の命名のガイドラインについては、信号名とラベルを参照してください。

端子

入力

すべて展開する

バスに含める入力要素。スカラー、ベクトル、行列、N 次元配列、またはバスとして指定します。

入力端子の数は [入力数] パラメーターによって駆動されます。

データ型: single | double | half | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | string | Boolean | fixed point | enumerated | bus
複素数のサポート: あり

出力

すべて展開する

結合された入力要素から構成される出力バス。バーチャル バスまたは非バーチャル バスとして指定します。バスの種類の詳細については、合成信号のタイプを参照してください。

データ型: bus

パラメーター

すべて展開する

2 つ以上の入力要素の数。整数として指定します。入力の数を増やすと、ブロックに空の入力端子が追加されます。モデルのシミュレーションを実行する前に、入力要素が各入力端子に接続されていることを確認します。

[入力数] パラメーターを修正した場合は、[更新] をクリックして要素のリストを更新します。

ヒント

すべての入力端子が既に接続されている場合、Bus Creator ブロックに別の線を接続することで、入力端子を追加できます。

A line is dragged near a Bus Creator block with two connected ports and a third port appears.

端子を対話的に追加すると、[入力の数] パラメーターが更新され、バス内の要素のリストに新しい要素が追加されます。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: Inputs
型: 文字ベクトル
値: 2 以上の整数、要素名のコンマ区切りリスト
既定の設定: '2'

既定では、Inputs パラメーターは入力の数を指定します。これをバス内の要素の名前を指定するために使用する場合、入力の数は、指定する要素名の数に一致します。

バスに結合する入力要素のリスト。入れ子にされたバスに含まれる要素も含め、ブロックに入力されたすべての要素を確認できます。要素の横にある矢印は、入力要素がバスであることを示します。矢印をクリックすると、そのバスの内容を表示できます。

出力バス内の要素を並べ替えるには、[上] ボタンと [下] ボタンを使用します。[バス内の要素] リスト内の隣接する複数の最上位要素を選択して並べ替えまたは削除を行うことができます。

ブロックに入力された要素のソースを確認するには、[バス内の要素] リスト内の要素を選択して、[検索] ボタンをクリックします。Simulink® はソースのアイコンを強調表示し、必要に応じて要素ソースを含むサブシステムが開かれます。

[ブロック パラメーター] ダイアログ ボックスが開いている間に要素名を変更する場合は、[更新] をクリックすることで更新された名前を表示させることができます。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: Inputs
型: 文字ベクトル
値: 2 以上の整数、要素名のコンマ区切りリスト
既定の設定: '2'

既定では、Inputs パラメーターは入力の数を指定します。これをバス内の要素の名前を指定するために使用する場合、入力の数は、指定する要素名の数に一致します。

表示される入力要素をフィルター処理するための検索用語。テキストとして指定します。検索用語は引用符で囲まないでください。フィルターは部分的な文字列検索を行います。

フィルター処理オプションにアクセスするには、[名前でフィルター] ボックスの右にある [フィルター処理オプションを表示する] ボタンをクリックします。

表示される入力要素を正規表現でフィルター処理するオプション。

このバラメーターを有効にすると、[名前でフィルター] ボックスに「t$」と入力すると、要素名が小文字の t で終了するすべての要素 (およびその直接の親) が表示されます。詳細については、正規表現を参照してください。

依存関係

このパラメーターにアクセスするには、[名前でフィルター] ボックスの右にある [フィルター処理オプションを表示する] ボタンをクリックします。

フィルター処理された結果を、ドット表記を使用してバスの階層構造を反映するフラット リストとして表示するオプション。既定では、フィルター処理された要素は階層ツリーで表示されます。

依存関係

このパラメーターにアクセスするには、[名前でフィルター] ボックスの右にある [フィルター処理オプションを表示する] ボタンをクリックします。

出力バスのデータ型。

[Bus: <object name>] を選択する場合は、<object name>Simulink.Bus オブジェクトの名前と置き換えます。モデルを編集するときは、Bus オブジェクトにアクセスできなければなりません。

バス エディターを使用して Bus オブジェクトを定義するには、[データ型アシスタントを表示] ボタン をクリックしてから、[編集] ボタンをクリックします。

[<data type expression>] を選択する場合は、Bus オブジェクトに評価する式を指定します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: OutDataTypeStr
型: 文字ベクトル
: 'Inherit: auto' | 'Bus: <object name>'
既定の設定: 'Inherit: auto'

入力要素名が [ブロック パラメーター] ダイアログ ボックスにリストされている名前に一致しているかのチェック。要素名が一致しない場合、Simulink はエラーを返します。

ヒント

[入力名を上記の名前と一致させる] パラメーターは、将来のリリースで削除される可能性があります。厳密なデータ型指定を適用するには、[バス オブジェクトからではなく入力からの名前を使用する] パラメーターを使用することを検討してください。

依存関係

[バス オブジェクトからではなく入力からの名前を使用する] を選択する場合、Simulink ソフトウェアは [入力名を上記の名前と一致させる] 設定を無視します。

プログラムで [入力数] を変更した場合、このパラメーターは 'off' に戻ります。

選択した入力要素の新しい名前。名前のガイドラインについては、信号名とラベルを参照してください。

依存関係

このパラメーターを表示するには、[入力名を上記の名前と一致させる] パラメーターを有効にします。

既定では、Simulink.Bus オブジェクトをデータ型として指定しても、Bus Creator ブロックは入力要素名を出力バス要素名として使用します。

バス要素の名前を Bus オブジェクトから継承するには、このパラメーターをクリアします。パラメーターをオフにすると、以下のようになります。

  • 厳密なデータ型指定が適用されます。

  • Bus オブジェクトとモデルのそれぞれに、要素名を複数回入力する必要がなくなります。要素名を複数回入力すると、誤って一致しない要素名を入力してしまうことがあります。

  • バス配列においてすべての要素で一貫した要素名を使用するという要件に対応できます。

または、入力要素名が Bus オブジェクト要素名と一致することを確認して厳密なデータ型指定を適用することもできます。[バス オブジェクトからではなく入力からの名前を使用する] チェック ボックスをオンのままにして、[要素名の不一致] コンフィギュレーション パラメーターを [エラー] に設定します。

依存関係

このパラメーターを表示するには、[出力データ型] パラメーターを Bus オブジェクトに設定します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: InheritFromInputs
型: 文字ベクトル
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'

バーチャル バスではなく非バーチャル バスを出力します。

非バーチャル バスのすべての要素は、関連付けられた Bus オブジェクトの要素が一部の要素について継承されたサンプル時間を指定する場合でも、同じサンプル時間をもつ必要があります。異なるサンプルレートの要素を含む非バーチャル バスが得られる場合、その演算はエラーになります。他の非バーチャル バス入力要素と異なるサンプル時間をもつ要素またはバスのサンプル時間を変更するには、Rate Transition ブロックを使用します。詳細については、非バーチャル バスのサンプル時間の変更を参照してください。

このブロックが作成するバスの構造体を C 構造体を使用して定義するコードを生成するには、このパラメーターを有効にします。

依存関係

このパラメーターを表示するには、[出力データ型] パラメーターを Bus オブジェクトに設定します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: NonVirtualBus
型: 文字ベクトル
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

ブロックの特性

データ型

Boolean | bus | double | enumerated | fixed point | half | integer | single | string

直接フィードスルー

いいえ

多次元信号

はい

可変サイズの信号

はい

ゼロクロッシング検出

いいえ

ヒント

サブシステムおよびモデル インターフェイスのバスについては、Outport ブロックをもつ Bus Creator ブロックの代わりに Out Bus Element ブロックを使用できます。Out Bus Element ブロックは次のことを行います。

  • ブロック線図における線の複雑さと煩雑さを低減する。

  • インターフェイスの段階的な変更を容易にする。

拡張機能

PLC コード生成
Simulink® PLC Coder™ を使用して構造化テキスト コードを生成します。

R2006a より前に導入