Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

バス対応ブロック

バスまたはバス配列をサポートするブロックでは、入力としての受け入れ、出力としての作成、メモリへの格納、またはこれらのオプションの組み合わせを実行できます。ブロックのバスおよびバス配列のサポートは、ブロック パラメーターの設定によって異なる場合があります。

ブロックがバーチャル バス、非バーチャル バス、およびバス配列をサポートするかどうかを次の表に示します。

メモ

列挙型のデータ型の信号を格納するバスは、ゼロ以外のスカラー初期値を必要とするブロック (Unit Delay ブロックなど) を通過しません。構造体値を使用して信号を列挙型で初期化します。

ブロックバーチャル バスのサポート非バーチャル バスのサポートバス配列のサポート
すべてのバーチャル ブロック (非バーチャル ブロックとバーチャル ブロックを参照)

サポートあり

モデルの最上位の Inport ブロックおよび Outport ブロックでは、Simulink.Bus オブジェクト データ型を指定しなければなりません。

サポートあり

制限付きでサポートあり

Demux ブロック、Enable ブロック、Mux ブロックおよび Trigger ブロックを除くすべてのバーチャル ブロックはバス配列をサポートします。

Argument Inport

サポートなし

サポートあり

サポートあり

Argument Outport

サポートなし

サポートあり

サポートあり

Assignment

サポートなし

代わりに、Bus Assignment ブロックを使用してください。

サポートあり

サポートあり

Bus Assignment

サポートあり

サポートあり

サポートなし

代わりに、Assignment ブロックを使用してください。

Bus Creator

サポートあり

サポートあり

サポートあり

入力としてのバス配列をサポートします。

バス配列を作成するには、Vector Concatenate ブロックまたは Matrix Concatenate ブロックを使用します。

Bus Selector

サポートあり

サポートあり

サポートあり

出力としてのバス配列をサポートします。

バス配列から要素を選択するには、Selector ブロックを使用します。

Chart (Stateflow)

サポートあり

Simulink.Bus オブジェクト データ型によって定義されている場合はバーチャル バスをサポートします。

サポートあり

サポートあり

Constant

サポートなし

サポートあり

サポートあり

Data Store Memory

サポートなし

サポートあり

要件については、ブロックのドキュメンテーションを参照してください。

サポートあり

要件については、ブロックのドキュメンテーションを参照してください。

Data Store Read

サポートなし

サポートあり

サポートあり

Data Store Write

サポートなし

サポートあり

サポートあり

Delay

サポートあり

要件については、ブロックのドキュメンテーションを参照してください。

サポートあり

要件については、ブロックのドキュメンテーションを参照してください。

サポートあり

要件については、ブロックのドキュメンテーションを参照してください。

From File

サポートなし

サポートあり

サポートなし

From Workspace

サポートなし

サポートあり

サポートあり

Function Caller

サポートなし

サポートあり

サポートあり

IC

サポートなし

サポートあり

サポートあり

In Bus Element

サポートあり

サポートあり

サポートあり

出力としてのバス配列をサポートします。

Inport

サポートあり

モデルの最上位でバーチャル バスを受け取る場合、そのバーチャル バスは Simulink.Bus オブジェクト データ型によって定義されていなければなりません。

サポートあり

サポートあり

Interpolation Using Prelookup

サポートあり

要件については、ブロックのドキュメンテーションを参照してください。

サポートあり

要件については、ブロックのドキュメンテーションを参照してください。

サポートあり

要件については、ブロックのドキュメンテーションを参照してください。

入力としてのバス配列をサポートします。例については、インデックスと小数部をバスとして出力するための Prelookup ブロックの構成を参照してください。

Manual Switch

サポートあり

サポートあり

サポートあり

MATLAB Function

サポートあり

Simulink.Bus オブジェクト データ型によって定義されている場合は入力としてのバーチャル バスをサポートします。出力バスは非バーチャルです。

サポートあり

サポートあり

MATLAB System

サポートあり

Simulink.Bus オブジェクト データ型によって定義されている場合は入力としてのバーチャル バスをサポートします。出力バスは非バーチャルです。

サポートあり

サポートあり

Matrix Concatenate

サポートなし

代わりに、Bus Creator ブロックを使用してください。

サポートあり

入力としての非バーチャル バスをサポートします。

非バーチャル バスを作成するには、Bus Creator ブロックを使用します。

サポートあり

Memory

サポートあり

要件については、ブロックのドキュメンテーションを参照してください。

サポートあり

要件については、ブロックのドキュメンテーションを参照してください。

サポートあり

要件については、ブロックのドキュメンテーションを参照してください。

Merge

サポートあり

要件については、ブロックのドキュメンテーションを参照してください。

サポートあり

要件については、ブロックのドキュメンテーションを参照してください。

サポートあり

要件については、ブロックのドキュメンテーションを参照してください。

Model

サポートあり

次のいずれかのオプションによって定義されている場合にバーチャル バスをサポートします。

  • Simulink.Bus オブジェクト データ型

  • In Bus Element ブロック

  • Out Bus Element ブロック

サポートあり

サポートあり

Multiport Switch

サポートあり

要件については、ブロックのドキュメンテーションを参照してください。

サポートあり

要件については、ブロックのドキュメンテーションを参照してください。

サポートあり

要件については、ブロックのドキュメンテーションを参照してください。

Out Bus Element

サポートあり

サポートあり

サポートあり

入力としてのバス配列をサポートします。

Outport

サポートあり

モデルの最上位でバーチャル バスに接続される場合、そのバーチャル バスは Simulink.Bus オブジェクト データ型によって定義されていなければなりません。

サポートあり

サポートあり

Permute Dimensions

サポートなし

サポートあり

サポートあり

Prelookup

サポートあり

要件については、ブロックのドキュメンテーションを参照してください。

サポートあり

要件については、ブロックのドキュメンテーションを参照してください。

サポートあり

出力としてのバス配列をサポートします。例については、インデックスと小数部をバスとして出力するための Prelookup ブロックの構成を参照してください。

Probe

サポートあり

入力としてのバーチャル バスをサポートします。

サポートあり

入力としての非バーチャル バスをサポートします。

サポートあり

入力としてのバス配列をサポートします。

Rate Transition

サポートあり

サポートあり

サポートあり

Reshape

サポートなし

サポートあり

サポートあり

S-Function

サポートあり

Simulink.Bus オブジェクト データ型によって定義されている場合はバーチャル バスをサポートします。

サポートあり

サポートあり

Selector

サポートなし

代わりに、Bus Selector ブロックを使用してください。

サポートあり

出力としての非バーチャル バスをサポートします。

非バーチャル バスから要素を選択するには、Bus Selector ブロックを使用します。

サポートあり

Signal Conversion

サポートあり

バーチャル バスを非バーチャル バスに変換するには、そのバスについて Simulink.Bus オブジェクト データ型を指定します。詳細については、ブロックのドキュメンテーションを参照してください。

サポートあり

サポートあり

[出力][信号のコピー] に設定されている場合にはバス配列をサポートします。詳細については、ブロックのドキュメンテーションを参照してください。

Signal Editor

サポートなし

サポートあり

要件については、ブロックのドキュメンテーションを参照してください。

サポートあり

State Reader

サポートなし

サポートあり

サポートあり

Subsystem

サポートあり

サポートあり

サポートあり

Switch

サポートあり

要件については、ブロックのドキュメンテーションを参照してください。

サポートあり

要件については、ブロックのドキュメンテーションを参照してください。

サポートあり

要件については、ブロックのドキュメンテーションを参照してください。

To File

サポートあり

要件については、ブロックのドキュメンテーションを参照してください。

サポートあり

要件については、ブロックのドキュメンテーションを参照してください。

サポートなし

To Workspace

サポートあり

要件については、ブロックのドキュメンテーションを参照してください。

サポートあり

要件については、ブロックのドキュメンテーションを参照してください。

サポートなし

Unit Delay

サポートあり

サポートあり

サポートあり

Vector Concatenate

サポートなし

代わりに、Bus Creator ブロックを使用してください。

サポートあり

入力としての非バーチャル バスをサポートします。要件については、ブロックのドキュメンテーションを参照してください。

サポートあり

要件については、ブロックのドキュメンテーションを参照してください。

Width

サポートあり

入力としてのバーチャル バスをサポートします。

サポートあり

入力としての非バーチャル バスをサポートします。

サポートあり

入力としてのバス配列をサポートします。

Zero-Order Hold

サポートあり

サポートあり

サポートあり

関連するトピック