ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

バス対応ブロック

バス対応ブロックは、バス信号を入力として受け入れる、バス信号を出力として生成する、あるいは両方を行うことができます。一部のバス対応ブロックは非バーチャル バスを処理しますが、バーチャル バスは処理しません。一部のバス対応ブロックにはバス信号の追加要件があります。詳細については、ブロックのドキュメンテーションを参照してください。

ブロック入力出力
すべてのバーチャル ブロック

Assignment (非バーチャル バス)

Bus Assignment

Bus Creator

Bus Selector

Constant (非バーチャル バス)

 

Data Store Memory (非バーチャル バス)

入力端子がなく、バス信号を格納できる 

Data Store Read (非バーチャル バス)

 

Data Store Write (非バーチャル バス)

 

Delay

(特別な要件) (特別な要件)

From File (非バーチャル バス)

 

From Workspace (非バーチャル バス)

 

Signal Editor (非バーチャル バス)

 

Interpolation Using Prelookup

 

Manual Switch

Memory

(特別な要件) 

Merge

(特別な要件) 

Multiport Switch

(特別な要件) (特別な要件)

Prelookup

  (特別な要件)

Rate Transition

(特別な要件) 

Signal Conversion

(特別な要件)

Signal Specification

Switch

(特別な要件)

To File (非バーチャル バス)

(特別な要件) 

To Workspace (非バーチャル バス)

 

Unit Delay

(特別な要件)

Vector Concatenate (非バーチャル バス)

Zero-Order Hold

これらのモデリング パターンはバスの使用をサポートします。バスの使用に関する特有の考慮事項については、これらの機能のドキュメンテーションを参照してください。サブシステム、モデル、および S-Function はバスの使用をサポートします。

  • サブシステム

  • モデル参照

  • S-Function

  • Stateflow® チャート

  • MATLAB Function ブロック

  • MATLAB System ブロック

列挙型のデータ型の信号を格納するバスは、ゼロ以外のスカラー初期値を必要とするブロック (Unit Delay ブロックなど) を通過しません。構造体値を使用して信号を列挙型で初期化します。

ルート レベルのバス出力は、[出力] コンフィギュレーション パラメーターを選択している場合はログに記録されません。代わりに、信号ログを使用して、信号データをエクスポートで説明されているように、標準の信号ログを使用してください。

バスまたはバス配列の信号に対する信号ログを For Each subsystem 内から直接使用しないでください。Bus Selector ブロックを使用して、ログを記録するバス要素信号を選択するか、Subsytem 外に Outport ブロックを追加してその信号のログを記録します。詳細については、For Each Subsystem における信号のログ記録を参照してください。

参考

ブロック

関連するトピック