ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

IC

信号の初期値を設定

  • ライブラリ:
  • Simulink / Signal Attributes

説明

IC ブロックは、入力端子での信号の初期条件、たとえば、シミュレーション開始時間 (tstart) での信号値を設定します。これを行うために、ブロックは、入力信号の実際の値にかかわらず、シミュレーションを開始するときに指定した初期条件を出力します。その後、ブロックは、入力信号の実際の値を出力します。

IC ブロックは、ループ内の代数状態変数の初期推定値を与えるときに便利です。詳細については、代数ループの概念を参照してください。

非ゼロのサンプル時間オフセットの動作

IC ブロックが非ゼロのサンプル時間オフセット (toffset) をもつと、IC ブロックは時間 t での初期値を出力します。

t = n * tperiod + toffset

ここで、nt ≥ tstart であるような最小の整数です。

つまり、IC ブロックは、サンプル時間 [tperiod, toffset] をもつブロックがはじめて実行されるときに、その初期値を出力します。これは、tstart より後になることもあります。

端子

入力

すべて展開する

入力信号。スカラー、ベクトル、行列または N 次元配列として指定します。ブロックは、この信号の初期条件を指定した [初期値] に設定します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | Boolean | fixed point | enumerated | bus

出力

すべて展開する

指定した [初期値] として提供される出力信号。その後に、入力信号の実際の値が続きます。詳細については、非ゼロのサンプル時間オフセットの動作を参照してください。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | Boolean | fixed point | enumerated | bus

パラメーター

すべて展開する

入力信号の初期値を有限で実数値のスカラー、ベクトル、行列、または N 次元配列として指定します。値はスカラーであるか、入力信号と次元が同じでなければなりません。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: Value
型: 文字ベクトル
値: スカラー | ベクトル | 行列 | N 次元配列
既定の設定: '1'

サンプル時間を -1 以外の値で指定します。詳細については、サンプル時間の指定を参照してください。

依存関係

このパラメーターは、明示的に -1 以外の値に設定されていない限り表示されません。詳細は、サンプル時間が推奨されないブロックを参照してください。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: SampleTime
型: 文字ベクトル
値: スカラー
既定の設定: '-1'

ブロックの特性

データ型

Boolean | double | enumerated | fixed point | integer | single

直接フィードスルー

はい

多次元信号

はい

可変サイズの信号

いいえ

ゼロクロッシング検出

いいえ

拡張機能

固定小数点の変換
Fixed-Point Designer™ を使用して固定小数点システムの設計とシミュレーションを行います。

R2006a より前に導入