ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Width

入力ベクトルの幅を出力

  • ライブラリ:
  • Simulink / Signal Attributes

説明

Width ブロックは、その入力ベクトルの幅を出力として生成します。

バス配列を Width ブロックの入力信号として使用できます。バス配列の定義と使用方法の詳細は、バス配列へのバスの統合を参照してください。

端子

入力

すべて展開する

入力信号。スカラー、ベクトル、行列または N 次元配列として指定します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | Boolean | fixed point | enumerated | bus

出力

すべて展開する

出力は、スカラーとして指定される入力信号の幅です。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | Boolean | fixed point | enumerated | bus

パラメーター

すべて展開する

出力データ型が入力と同じになるように指定するか、逆伝播によりデータ型を継承するようにします。また、[出力データ型] パラメーターのドロップダウン リストで組み込みのデータ型を指定することもできます。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: OutputDataTypeScalingMode
型: 文字ベクトル
値: 'Choose intrinsic data type' | 'Inherit via back propagation' | 'All ports same datatype'
既定の設定: 'Choose intrinsic data type'

このパラメーターは、[出力データ型モード][固有のデータ型を選択] を選択した場合に表示されます。ドロップダウン リストから組み込みのデータ型を選択します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: DataType
型: 文字ベクトル
値: 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32'
既定の設定: 'double'

ブロックの特性

データ型

Boolean | bus | double | enumerated | fixed point | integer | single | string

直接フィードスルー

はい

多次元信号

はい

可変サイズの信号

はい

ゼロクロッシング検出

いいえ

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

固定小数点の変換
Fixed-Point Designer™ を使用して固定小数点システムの設計とシミュレーションを行います。

R2006a より前に導入