Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

可変サイズの信号長の調整

この例では、制御信号の変化に適応することで信号の長さが時間と共に変化する、仮想上のシステムを示します。

この例について

モデル例を開きます。

このモデルは 2 つのセクションで構成されています。左のセクションでは、信号を生成し、その信号を可変サイズに変換します。右のセクションでは、可変サイズの信号を処理してスコープに出力します。長さ調整は、制御信号の値に基づいて行われます。制御信号の値が、事前に定義された 3 つの範囲のいずれかに収まる場合、それに応じてデータ信号のサイズが変更されます。

次に、この可変サイズの信号が処理ブロックに送られ、可変サイズの信号をサポートするブロックが信号を処理します。入力信号と出力信号の両方が可変サイズである MATLAB Function ブロックが使用されていることに注意してください。最終的な信号とその幅が、可視化のためにスコープに送られます。