ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Probe

信号の属性 (幅、次元、サンプル時間、および複素数信号フラグ) を出力

  • ライブラリ:
  • Simulink / Signal Attributes

    HDL Coder / Signal Attributes

説明

Probe ブロックは、その入力の信号に関して選択した情報を出力します。このブロックは、入力信号の幅、次元、サンプル時間、および入力が複素数値信号かどうかを示すフラグの属性を出力できます。このブロックは 1 つの入力端子をもっています。出力端子の数は、探査対象に選択した情報 (つまり、信号の次元、サンプル時間、複素数信号フラグ) によって決まります。探査した各値は、独立したデータ型の制御とともに、別々の出力端子から別々の信号として出力されます。このブロックのアイコンは、探査したデータをシミュレーション実行中に表示します。

端子

入力

すべて展開する

探査する入力信号。スカラー、ベクトル、行列または N 次元配列として指定します。このブロックは、任意の組み込みデータ型の実数値信号または複素数値信号を受け入れ、

バス配列を Probe ブロックの入力信号として使用できます。バス配列の定義と使用方法の詳細は、バス配列へのバスの統合を参照してください。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | Boolean | fixed point | enumerated | bus

出力

すべて展開する

入力信号内の幅または要素数。スカラーとして指定します。この幅は、W: という表記とともにブロック アイコンにも表示されます。

依存関係

この端子を有効にするには、[幅の調査] を選択します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | fixed point

それぞれ、サンプル時間の期間とオフセットを指定する 2 要素ベクトルとしての入力信号のサンプル時間。サンプル時間は、Ts: という表記とともにブロック アイコンにも表示されます。詳細については、サンプル時間の指定を参照してください。

依存関係

この端子を有効にするには、[サンプル時間の調査] を選択します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | fixed point

入力信号の実数/複素数を示す値:

  • 入力信号が複素数の場合、ブロックは 1 を出力します。

  • 入力信号が実数値の場合、ブロックは 0 を出力します。

信号の実数/複素数を示す値は C: という表記とともにブロック アイコンにも表示されます。

依存関係

この端子を有効にするには、[複素信号の検出] を選択します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | fixed point

入力信号の次元。スカラーまたはベクトルとして出力します。信号の次元は D: という表記とともにブロック アイコンにも表示されます。

依存関係

この端子を有効にするには、[信号の次元の調査] を選択します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | fixed point

パラメーター

すべて展開する

メイン

探査した信号の幅 (または要素の数) を出力したいときに選択します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: ProbeWidth
型: 文字ベクトル
値: 'off' | 'on'
既定の設定: 'on'

探査した信号のサンプル時間を出力したいときに選択します。出力は、それぞれ、サンプル時間の期間とオフセットを指定する 2 要素ベクトルです。詳細については、サンプル時間の指定を参照してください。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: ProbeSampleTime
型: 文字ベクトル
値: 'off' | 'on'
既定の設定: 'on'

探査した信号が複素数の場合に 1 を、複素数でない場合に 0 を出力するように選択します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: ProbeComplexSignal
型: 文字ベクトル
値: 'off' | 'on'
既定の設定: 'on'

探査した信号の次元を出力したいときに選択します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: ProbeSignalDimensions
型: 文字ベクトル
値: 'off' | 'on'
既定の設定: 'on'

Signal Attributes

信号幅の出力データ型を選択します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: ProbeWidthDataType
型: 文字ベクトル
値: 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'Same as input'
既定の設定: 'double'

サンプル時間情報の出力データ型を選択します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: ProbeSampleTimeDataType
型: 文字ベクトル
値: 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'Same as input'
既定の設定: 'double'

実数/複素数情報の出力データ型を選択します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: ProbeComplexityDataType
型: 文字ベクトル
値: 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'Same as input'
既定の設定: 'double'

信号の次元の出力に対する出力データ型を選択します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: ProbeDimensionsDataType
型: 文字ベクトル
値: 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'Same as input'
既定の設定: 'double'

ブロックの特性

データ型

Boolean | bus | double | enumerated | fixed point | integer | single | string

直接フィードスルー

はい

多次元信号

はい

可変サイズの信号

はい

ゼロクロッシング検出

いいえ

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

固定小数点の変換
Fixed-Point Designer™ を使用して固定小数点システムの設計とシミュレーションを行います。

R2006a より前に導入