Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Function Caller

Simulink またはエクスポートされた Stateflow 関数の呼び出し

  • ライブラリ:
  • Simulink / User-Defined Functions

  • Function Caller block

説明

Function Caller ブロックは、Simulink® Function ブロックで定義された関数またはエクスポートされた Stateflow® 関数を呼び出して実行します。Function Caller ブロックを使用して、モデルまたはチャート階層の任意の場所から関数を呼び出すことができます。

Simulink Function ブロックまたは Function Caller ブロックを選択して、それに関連するブロックを強調表示できます。

端子

入力

すべて展開する

関数に送信される入力引数のための入力信号。

関数プロトタイプにより、Function Caller ブロックに表示される入力端子の数と名前が決まります。信号線を入力端子に接続し、関数入力引数を通してデータを関数に送信します。

たとえば y = myfunction(u) は Function Caller ブロックに 1 つの入力端子 (u) を作成します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | Boolean | fixed point | enumerated | bus

出力

すべて展開する

関数から返される出力引数のための出力信号。

関数プロトタイプにより、Function Caller ブロックに表示される出力端子の数と名前が決まります。信号線を出力端子に接続し、関数出力引数を通してデータを関数から受信します。

たとえば y = myfunction(u) は Function Caller ブロックに 1 つの出力端子 (y) を作成します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | Boolean | fixed point | enumerated | bus

パラメーター

すべて展開する

Function Caller ブロックと Simulink 関数との間の関数インターフェイスを指定します。Simulink 関数は、Simulink Function ブロック、エクスポートされた Stateflow グラフィカル関数、エクスポートされた Stateflow MATLAB® 関数にすることができます。Simulink Function ブロックの呼び出しの場合、次が適用されます。

  • 関数呼び出しの引数名は関数の引数と一致しなければならない。

  • 関数名、入力引数、出力引数は有効な MATLAB 識別子でなければならない。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: FunctionPrototype
型: 文字ベクトル
: 'y=f(u)' | '<function prototype>'
既定の設定: 'y=f(u)'

各入力引数のデータ型、次元、実数/複素数 (実数または虚数) の指定を組み合わせた MATLAB 式をコンマ区切りリストで指定します。例については、Simulink Function ブロックの引数の指定を参照してください。

この指定は、Argument Inport ブロックの [データ型] パラメーターで指定された Simulink Function ブロック データ型と一致しなければなりません。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: 'InputArgumentSpecifications'
型: 文字ベクトル
: '' | '<MATLAB expression>'
既定の設定: ''

各出力引数のデータ型、次元、実数/複素数 (実数または虚数) の指定を組み合わせた MATLAB 式をコンマ区切りリストで指定します。例については、Simulink Function ブロックの引数の指定を参照してください。

この指定は、Argument Outport ブロックの [データ型] パラメーターで指定された Simulink Function ブロック データ型と一致しなければなりません。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: 'OutputArgumentSpecifications'
型: 文字ベクトル
: '' | '<MATLAB expression>'
既定の設定: ''

Function Caller ブロックが指定された Simulink 関数を呼び出す時間間隔を指定します。

既定の設定では、ブロックはモデル内の前後関係に基づいてサンプル時間を継承します。

他のサンプル時間を設定するには、サンプル時間の指定の表にあるサンプル時間形式を使用して値を入力します。

Function Caller ブロックに入力がある場合、それは非ソース ブロックであり、サンプル時間を -1 に設定しなければなりません。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: SampleTime
: 文字ベクトル
: '-1' | sample time
既定の設定: '-1'

モデルの例

ブロックの特性

データ型

Boolean | bus | double | enumerated | fixed point | integer | single

直接フィードスルー

はい

多次元信号

はい

可変サイズの信号

いいえ

ゼロクロッシング検出

いいえ

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

固定小数点の変換
Fixed-Point Designer™ を使用して固定小数点システムの設計とシミュレーションを行います。