ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

複数インスタンス化された Simulink 関数を使用した再利用可能なコンポーネントのモデル化

この例では、モデル slexCounterFunctionMdlRef に、カウンターを維持する Simulink 関数 update() が含まれています。複数のインスタンス作成により、このアプリケーション モデルでこのロジックを CounterA および CounterB として再利用できます。

概要

修飾された呼び出し表記 CounterA.update と CounterB.update は、カウンター ロジックの 2 つの異なるインスタンスの識別に使用されます。各インスタンスは、この例に示す複数の呼び出し側ブロックから呼び出される場合があります。

モデルを閉じる