ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Argument Outport

Simulink Function ブロックの引数出力端子

  • ライブラリ:
  • User-Defined Functions

説明

このブロックは Simulink Function ブロックで定義した関数用の出力引数端子です。

端子

入力

すべて展開する

このブロックへのブロック入力信号。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | Boolean | fixed point | enumerated | bus

出力

すべて展開する

Argument Outport ブロックは、Simulink® がサポートする任意のデータ型の実数信号または複素数信号を受け入れます。ルート レベルの出力端子でない場合、Argument Outport ブロックは固定小数点データ型と列挙型のデータ型も受け入れることができます。また、Argument Outport ブロックは、バス オブジェクトもデータ型として受け入れます。

ブロック入力の実数/複素数とデータ型は引数出力と同じです。Argument Outport ブロックからの出力引数の信号タイプとデータ型は [信号タイプ] パラメーターと [データ型] パラメーターで指定できます。詳細については、Simulink でサポートされているデータ型を参照してください。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | Boolean | fixed point | enumerated | bus

パラメーター

すべて展開する

ブロックに対応する端子が親の Subsystem ブロックまたは Model ブロックに現れる順序を指定します。

1

このブロックの最初の端子の位置を指定します。

整数

端子の位置を指定します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: Port
型: 文字ベクトル
値: '1' | '<integer>'
既定の設定: '1'

Simulink Function ブロック上に表示される関数プロトタイプの出力引数の名前を指定します。

u

出力引数の既定の名前。

文字ベクトル

出力引数の名前。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: ArgumentName
型: 文字ベクトル
値: 'u' | '<character vector>'
既定の設定: 'u'

ブロック入力信号の最小値を指定します。

メモ

このブロックのデータ型としてバス オブジェクトを指定した場合、ブロックのバス データの最小値を設定しないでください。Simulink はこの設定を無視します。代わりに、データ型として指定したバス オブジェクトのバス要素の最小値を設定してください。バス要素の最小値プロパティの詳細については、Simulink.BusElement を参照してください。

この値は、Simulink での固定小数点データ型のシミュレーション範囲のチェック (信号範囲 を参照) と自動スケーリングの実行時に使用されます。

[]

最小値は指定されません。

数値

有限で実数の double のスカラー値。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: OutMin
型: 文字ベクトル
値: '[]' | '<number>'
既定の設定: '[]'

ブロック入力信号の最大値を指定します。

メモ

このブロックのデータ型としてバス オブジェクトを指定した場合、ブロックのバス データの最大値を設定しないでください。Simulink はこの設定を無視します。代わりに、データ型として指定したバス オブジェクトのバス要素の最大値を設定します。バス要素の最大値プロパティの詳細については、Simulink.BusElement を参照してください。

この値は、Simulink での固定小数点データ型のシミュレーション範囲のチェック (信号範囲 を参照) と自動スケーリングの実行時に使用されます。

[]

最大値は指定されません。

数値

有限で実数の double のスカラー値。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: OutMax
型: 文字ベクトル
値: '[]' | '<number>'
既定の設定: '[]'

ブロック入力のデータ型を指定します。次を参照してください。

double

データ型は double です。

single

データ型は single です。

int8

データ型は int8 です。

uint8

データ型は uint8 です。

int16

データ型は int16 です。

uint16

データ型は uint16 です。

int32

データ型は int32 です。

uint32

データ型は uint32 です。

int64

データ型は int64 です。

uint64

データ型は uint64 です。

boolean

データ型は boolean です。

fixdt(1,16,0)

データ型は固定小数点 fixdt(1,16,0) です。

fixdt(1,16,2^0,0)

データ型は固定小数点 fixdt(1,16,2^0,0) です。

Enum:<class name>

データ型は列挙型です。たとえば、Enum: Basic Colors などです。

Bus: <object name>

データ型はバス オブジェクトです。

<data type expression>

データ型オブジェクトの名前です。たとえば、Simulink.NumericType などです。

バス オブジェクトを式として指定しないでください。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: OutDataTypeStr
型: 文字ベクトル
値: 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'int64' | 'uint64'| 'boolean' | '<fixdt(1,16)' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)' | '<data type expression>'
既定の設定: 'double'

固定小数点ツールおよび固定小数点アドバイザーによるデータ型の設定に対する変更を制御します。詳細については、[出力データ型の設定をロックする] の使用 (Fixed-Point Designer)を参照してください。

オン

このブロックのすべてのデータ型の設定をロックします。

オフ

固定小数点ツールや固定小数点アドバイザーがこのブロックのデータ型の設定を変更できます。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: LockScale
型: 文字ベクトル
値: 'off' | 'on'
既定の設定: 'off'

ブロックからの出力引数信号の次元を指定します。詳細については、Outportを参照してください。

1

端子の次元を継承します。

n

n のベクトル信号。

[m n]

mn 列をもつ行列信号。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: PortDimensions
型: 文字ベクトル
値: '1' | 'n' | '[m n]'
既定の設定: '1'

実信号または複素信号を選択します。詳細については、Outportを参照してください。

実数

信号タイプを実数値として指定します。

複素数

信号タイプを複素数値として指定します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: SignalType
型: 文字ベクトル
値: 'real' | 'complex'
既定の設定: 'real'

モデルの例

R2014b で導入