最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

固定小数点の変換ワークフローのベスト プラクティス

固定小数点ツールを使用すると、浮動小数点を同等の固定小数点表現に変換するモデルまたはサブシステムを準備できます。以下に示すのは、モデルを固定小数点に変換するためのモデル化のベスト プラクティスです。

信号のログの有効化

変換前と変換後とでの動作を比較するには、設計対象システムでの目的の信号のログを有効にします。

信号のログを有効にしたモデルの信号で、絶対、相対、および時間の許容誤差を指定できます。組み込み型でシミュレートした後、[ワークフロー ブラウザー] にその組み込み型実行が、範囲収集で作成されたベースライン実行と比較して、指定された信号の許容誤差を満たすかどうかが表示されます。シミュレーション データ インスペクターで比較プロットを表示できます。

Simulink モデルのバックアップ

固定小数点ツールを使用する前に、Simulink® モデルとそれに関連するワークスペース変数のバックアップを作成してください。モデルのバックアップを作成することで、テストと検証用のベースラインを提供できます。

固定小数点ツールは、変換の [準備] 段階で元のモデルのバックアップを自動的に作成します。モデルをこの状態に復元するには、[元のモデルを復元] ボタンをクリックします。

個々のサブシステムの変換

モデル内の個々のサブシステムは一度に 1 つだけ変換してください。こうすると、固定小数点の問題の発生源を分離することにより、デバッグが可能になります。

参照モデルおよび MATLAB Function ブロックに対して [名前を付けて保存] を使用しない

固定小数点ツールを使用した固定小数点の変換プロセス中に、[名前を付けて保存] オプションを使用して参照モデルまたは MATLAB® Function ブロックを別の名前で保存しないでください。別の名前で保存すると、元のモデルの既存の結果が失われる可能性があります。

[出力データ型の設定をロックする] の使用

固定小数点ツールが現在のデータ型を置き換えるのを回避できます。多数のブロックで使用可能な [固定小数点ツールによる変更に対して出力データ型の設定をロックする] パラメーターを使用します。既定の設定は置き換えを許可します。次の場合に、この設定を使用します。

  • 特定のブロックに使用する固定小数点データ型が既知である。

    たとえば、ブロックが実際のコンポーネントをモデル化している場合などです。出力を整数値に限るなど、ハードウェアの既知の制限を考慮してブロックを設定します。

    ブロックの出力データ型を明示的に指定し、[固定小数点ツールによる変更に対して出力データ型の設定をロックする] を選択します。

  • モデルをデバッグ中で、特定のブロックが特定の入力信号データ型しか受け入れないことがわかっている。

    上流ブロックの出力データ型を明示的に指定し、[固定小数点ツールによる変更に対して出力データ型の設定をロックする] を選択します。

Simulink 信号オブジェクトの保存

モデルに Simulink 信号オブジェクトが含まれているときに指定されたデータ型を受け入れると、固定小数点ツールは自動的にその変更を信号オブジェクトに適用します。ただし固定小数点ツールは、Simulink 信号オブジェクトに加えた変更を自動的に保存しません。変更を維持するには、モデルを終了する前に Simulink 信号オブジェクトをワークスペースとモデルに保存してください。

関連する例

詳細