Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Simulink でのデータ型最適化

設計効率化のための固定小数点データ型の最適化

データ型最適化では、固定小数点のさまざまなコンフィギュレーションを自動的に反復することで、最適な異種混合データ型を選択し、同時に、システムの数値的動作の許容誤差制約を満たします。最適化は、設計効率化のために固定小数点データ型を使用して、総ビット幅や演算子の数などの目的関数を最小化しようとします。

コマンド ラインで関数 fxpopt を使用するか、固定小数点ツールの [固定小数点の最適化された変換] ワークフローを使用することで、データ型を最適化できます。

ツール

固定小数点ツール浮動小数点モデルを固定小数点に変換

関数

fxpoptシステムのデータ型の最適化

クラス

fxpOptimizationOptionsデータ型最適化のオプションの指定
OptimizationSolution最適化されたシステムの固定小数点実装
OptimizationResult 固定小数点システムの最適化後の結果

トピック

データ型の変換の概要

3 つの方法のうちのいずれかでのモデルのデータ型の固定小数点への変換。

動作の制約の指定

信号許容誤差と Model Verification ブロックを使用して、固定小数点実装の動作を検証します。

システムの固定小数点データ型の最適化

指定された許容誤差に基づいたシステムでのデータ型の最適化。

固定小数点ツールを使用したシステムの固定小数点データ型の最適化

複数のシミュレーション シナリオを使用して、システムのデータ型最適化するために固定小数点ツールを使用する。

複数のシミュレーション シナリオを使用したデータ型の最適化

範囲収集および検証のための複数のシミュレーション シナリオの定義。

カスタムの動作制約によるデータ型最適化の実行

Model Verification ブロックを使用して、fxpopt によるデータ型最適化に対するカスタムの動作制約を指定する。

データ型最適化によるモデル コンフィギュレーションの変更

fxpopt を使用したデータ型最適化によるモデル コンフィギュレーション パラメーターの変更。

トラブルシューティング

固定小数点データ型をサポートしないブロック

固定小数点の変換でサポートされていないブロックのトラブルシューティング。

データ型最適化が成功しない

関数 fxpopt を使用してデータ型最適化中にスローされるエラーのトラブルシューティング。

注目の例