Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

OptimizationSolution クラス

最適化されたシステムの固定小数点実装

説明

OptimizationSolution オブジェクトは、関数 fxpopt を使用してデータ型が最適化されたシステムの固定小数点実装です。

作成

solution = explore(result) はシミュレーション データ インスペクターを開きます。最適化で解が見つかった場合、OptimizationResult オブジェクト result に格納された OptimizationSolution オブジェクトのベクトルから、最もコストが低い OptimizationSolution オブジェクトが返されます。最適化で解が見つからなかった場合は、MaxDifference が最も小さい OptimizationSolution オブジェクトが返されます。

OptimizationSolution オブジェクトには、OptimizationResult オブジェクトの Solutions プロパティのインデックスを指定してアクセスすることもできます。たとえば、OptimizationResult オブジェクト result に格納された 2 番目にコストが低い解にアクセスするには次のように入力します。

solution = result.Solutions(2)

入力引数

すべて展開する

OptimizationResult オブジェクトの Solutions プロパティは、最適化プロセスで見つかった OptimizationSolution オブジェクトのベクトルです。最適化で実行可能解が見つかった場合、最もコストが低い (最適な) 解をベクトルの最初の要素としてコストを基準にベクトルが並べ替えられます。最適化で実行可能解が見つからなかった場合は、MaxDifference が最も小さい解を最初の要素として MaxDifference を基準にベクトルが並べ替えられます。

プロパティ

すべて展開する

設計対象のシステムの解で使用されているすべての語長の和。コストが小さいほど最適な解となります。

データ型: double

関連付けられた fxpOptimizationOptions オブジェクトで指定された条件を解が満たすかどうか。logical として指定されます。

データ型: logical

ベースラインと解の間の最大絶対差。

データ型: double

シミュレーション データ インスペクターで使用される実行の一意の数値識別子。詳細については、プログラムによるデータの検証と比較を参照してください。

データ型: double

シミュレーション データ インスペクターでの実行の名前。

データ型: char

メソッド

showContents データ型最適化による変更内容の概要の取得

コピーのセマンティクス

ハンドル。ハンドル クラスがコピー操作にどのように影響するかについては、オブジェクトのコピーを参照してください。

R2018a で導入