Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

showTolerances

クラス: fxpOptimizationOptions

システムに対して指定された許容誤差の表示

構文

showTolerances(options)

説明

showTolerances(options) は、fxpOptimizationOptions クラスの addTolerance メソッドを使用してシステムに対して指定された絶対許容誤差と相対許容誤差を表示します。options オブジェクトで許容誤差が指定されていない場合は、showTolerances メソッドで何も表示されません。

入力引数

すべて展開する

データ型最適化プロセスで使用するオプションと許容誤差を指定する fxpOptimizationOptions オブジェクト。

すべて展開する

データ型を最適化するシステムを読み込みます。

load_system('ex_auto_gain_controller');

fxpOptimizationOptions オブジェクトを既定のプロパティ値で作成します。

options = fxpOptimizationOptions;

最適化プロセスで使用が必要となる数値許容誤差を指定するには、fxpOptimizationOptions オブジェクトの addTolerance メソッドを使用します。許容誤差の制約を複数指定する場合は、このメソッドを制約ごとに 1 回呼び出します。相対許容誤差と絶対許容誤差のいずれかの制約を指定できます。

addTolerance(options, 'ex_auto_gain_controller/output_signal', 1, 'AbsTol', 5e-2);
addTolerance(options, 'ex_auto_gain_controller/input_signal', 1, 'RelTol', 1e-2);

showTolerances メソッドを使用して、指定した fxpOptimizationOptions オブジェクトに追加されたすべての許容誤差の制約を表示します。

showTolerances(options)
                      Path                       Port_Index    Tolerance_Type    Tolerance_Value
    _________________________________________    __________    ______________    _______________

    {'ex_auto_gain_controller/output_signal'}        1           {'AbsTol'}           0.05      
    {'ex_auto_gain_controller/input_signal' }        1           {'RelTol'}           0.01      


ans =

  2x4 table

                      Path                       Port_Index    Tolerance_Type    Tolerance_Value
    _________________________________________    __________    ______________    _______________

    {'ex_auto_gain_controller/output_signal'}        1           {'AbsTol'}           0.05      
    {'ex_auto_gain_controller/input_signal' }        1           {'RelTol'}           0.01      

R2018a で導入