最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

OptimizationResult クラス

固定小数点システムの最適化後の結果

説明

OptimizationResult オブジェクトには、固定小数点システムの最適化後の結果が格納されます。最適化プロセスで新しい固定小数点実装が見つかった場合、このオブジェクトを使用して、プロセスで見つかった指定の許容誤差を満たす別の実装を調べることができます。explore メソッドを使用すると、シミュレーション データ インスペクターを開いて最適化されたシステムの動作を確認できます。

作成

result = fxpopt(model, sud, options) は、モデル model 内の sud で指定されたシステムのデータ型を fxpOptimizationOptions オブジェクト options で指定された追加オプションを使用して最適化します。

入力引数

すべて展開する

最適化するシステムが含まれているモデルの名前。

データ型: char

データ型を最適化するシステム。システムへのパスを含む文字ベクトルとして指定します。

データ型: char

データ型最適化プロセスで使用する追加オプションを指定する fxpOptimizationOptions オブジェクト。

プロパティ

すべて展開する

最適化プロセスで新しい最適解が見つかったどうかを示すメッセージ。文字ベクトルとして返されます。

データ型: char

OptimizationResult を生成する関数 fxpopt への入力として使用された fxpOptimizationOptions オブジェクト。

最適化プロセスで見つかった OptimizationSolution オブジェクトのベクトル。最適化で実行可能解が見つかった場合、最もコストが低い (最適な) 解をベクトルの最初の要素としてコストを基準にベクトルが並べ替えられます。最適化で実行可能解が見つからなかった場合は、元の設計との最大差を基準にベクトルが並べ替えられます。

メソッド

explore最適化プロセスで見つかった固定小数点実装の確認
revertRevert system data types and settings changed during optimization to original state

コピーのセマンティクス

ハンドル。ハンドル クラスがコピー操作にどのように影響するかについては、オブジェクトのコピー (MATLAB)を参照してください。

R2018a で導入