Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

データ型の自動変換

固定小数点データ型または単精度データ型に変換し、データ型を最適化する

浮動小数点 MATLAB® コードを固定小数点コードに変換するには、2 つの基本的なワークフローを利用できます。自動変換と手動変換です。詳細については、アプリケーションに適したワークフローの決定を参照してください。

Simulink® のシステムを固定小数点に変換するには、2 つの基本的なワークフローがあります。固定小数点の反復的変換と、データ型の最適化です。詳細については、データ型の変換の概要を参照してください。

また、自動化ツールを使用して、MATLAB と Simulink の設計を単精度に変換することもできます。