ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

アプリケーションに適したワークフローの決定

MATLAB® コードを固定小数点コードに変換するには、2 つの基本的なワークフローを利用できます。

  • 手動によるワークフロー

    手動によるワークフローでは、固定小数点型を最適化するための最大限の制御を得られますが、固定小数点の概念についての十分な理解が必要です。

    詳細は、手動による固定小数点の変換のベスト プラクティスを参照してください。

  • 自動化されたワークフロー

    固定小数点コンバーター アプリにより、固定小数点の概念についての十分な知識がなくても MATLAB コードを固定小数点コードに変換できます。ただし、このワークフローでは、データ型に対する制御が弱くなります。

    詳細は、固定小数点の自動変換のベスト プラクティスを参照してください。

 手動によるワークフロー自動化されたワークフロー
完全に自動化された変換 
固定小数点に関する専門知識をそれほど必要としない 
ターンアラウンド時間の短縮 
シミュレーション範囲の解析
静的範囲の解析 
反復的なワークフロー 
移植可能な設計
データ型に対するより詳細な制御と最適化 
データ型の推奨
ヒストグラムのログ記録
コード カバレッジ 
比較のための出力変数の自動プロット 

関連するトピック