Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

MATLAB での固定小数点の手動変換

浮動小数点アルゴリズムから固定小数点アルゴリズムへの変換を支援

関数 buildInstrumentedMex を使用してアルゴリズムをインストルメント化し、名前付き変数と中間変数の最小値と最大値のログを記録します。関数 showInstrumentationResults を使用し、ログに記録された値に基づいて固定小数点型を推奨します。

関数

すべて展開する

buildInstrumentedMexログ作成可能な計測機能を含んだコンパイル済み C コード関数の生成
showInstrumentationResultsインストルメント化されたコンパイル済み C コード関数によるログ作成結果
clearInstrumentationResultsインストルメント化されたコンパイル済み C コード関数によるログ作成結果の消去
fi固定小数点数値オブジェクトの作成
fimath固定小数点の算術設定を指定
numerictype固定小数点または浮動小数点のデータ型を記述する embedded.numerictype オブジェクトの構成
eye固定小数点のプロパティをもつ単位行列の作成
ones固定小数点プロパティをもつ、すべて 1 の配列を作成
zeros固定小数点プロパティをもつ、すべて 0 の配列を作成
cast変数を別のデータ型にキャスト
cast64BitFiToInt正確に表現できる fi オブジェクト型を 64 ビット整数データ型にキャスト
cast64BitIntToFi64 ビット整数データ型を等価な fi オブジェクト型にキャスト
castFiToIntfi オブジェクトを等価な整数データ型にキャスト
castFiToMATLABfi オブジェクト型を等価な組み込み MATLAB データ型にキャスト
castIntToFi整数データ型を等価な fi 型にキャスト

トピック

固定小数点の変換ワークフロー

最終的な目標と固定小数点に関する専門知識のレベルに最も適した固定小数点変換手法はどれかを学びます。

アプリケーションに適したワークフローの決定

ニーズに最適な変換ワークフローを決定する際に役立つ各変換ワークフローの利点について学習する。

手動による固定小数点の変換ワークフロー

浮動小数点から固定小数点への手動変換ワークフローについて学びます。

手動による固定小数点の変換のベスト プラクティス

手動の固定小数点変換を使用して、汎用の MATLAB® コードから効率的な固定小数点実装を行います。

MATLAB の浮動小数点アルゴリズムの固定小数点への手動変換

MATLAB の浮動小数点アルゴリズムの固定小数点への手動変換。

関数でインストルメント化および高速化がサポートされている場合

固定小数点変換でサポートされる関数を判別する。

トラブルシューティング

エラーの解決: 固定小数点の変換でサポートされていない関数

固定小数点の変換でサポートされていない関数のトラブルシューティング。

エラーの解決: fi* と非 fi

fi* と非 fi のエラーのトラブルシューティング。

エラーの解決: データ型の不一致

データ型不一致エラーのトラブルシューティング。

エラーの解決: fimath の不一致

fimath の不一致エラーのトラブルシューティング。

注目の例