最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

numerictype

固定小数点または浮動小数点のデータ型を記述する embedded.numerictype オブジェクトの構成

説明

T = numerictype は既定の numerictype オブジェクトを作成します。

T = numerictype(s) は、スケーリング未指定、符号プロパティ値 s、語長 16 ビットの固定小数点 numerictype オブジェクトを作成します。

T = numerictype(s,w) は、スケーリング未指定、符号プロパティ値 s、語長 w の固定小数点 numerictype オブジェクトを作成します。

T = numerictype(s,w,f) は、2 進小数点スケーリング、符号プロパティ値 s、語長 w、小数部の長さ f の固定小数点 numerictype オブジェクトを作成します。

T = numerictype(s,w,slope,bias) は、勾配とバイアスのスケーリング、符号プロパティ値 s、語長 wslopebias の固定小数点 numerictype オブジェクトを作成します。

T = numerictype(s,w,slopeadjustmentfactor,fixedexponent,bias) は、勾配とバイアスのスケーリング、符号プロパティ値 s、語長 wslopeadjustmentfactorbias の固定小数点 numerictype オブジェクトを作成します。

T = numerictype(___,Name,Value) では、名前と値のペアを使用してプロパティを設定できます。値を指定しないプロパティについては、いずれも既定値が割り当てられます。

T = numerictype(T1,Name,Value) では、既存の numerictype オブジェクト T のコピー T1 を作成し、いずれかまたはすべてのプロパティ値を変更できます。

T = numerictype('Double') は double データ型の numerictype オブジェクトを作成します。

T = numerictype('Single') は single データ型の numerictype オブジェクトを作成します。

T = numerictype('Boolean') は boolean データ型の numerictype オブジェクトを作成します。

すべて折りたたむ

この例では、既定のプロパティ設定で numerictype オブジェクトを作成する方法を示します。

T = numerictype
T =


          DataTypeMode: Fixed-point: binary point scaling
            Signedness: Signed
            WordLength: 16
        FractionLength: 15

この例では、語長の引数 w と小数部の長さの引数 f. を省略して既定の語長とスケーリングをもつ numerictype オブジェクトを作成する方法を示します。

T = numerictype(1)
T =


          DataTypeMode: Fixed-point: unspecified scaling
            Signedness: Signed
            WordLength: 16

このオブジェクトは符号付きで、語長は 16 ビット、スケーリングは未指定です。

符号属性の引数 s を使用して符号なしの numerictype オブジェクトを作成できます。

T = numerictype(0)
T =


          DataTypeMode: Fixed-point: unspecified scaling
            Signedness: Unsigned
            WordLength: 16

このオブジェクトは、語長は既定の 16 ビット、スケーリングは未指定です。

この例では、小数部の長さの引数 f を省略してスケーリングが未指定の numerictype オブジェクトを作成する方法を示します。

T = numerictype(1,32)
T =


          DataTypeMode: Fixed-point: unspecified scaling
            Signedness: Signed
            WordLength: 32

このオブジェクトは符号付きで、語長は 32 ビットです。

この例では、2 進小数点スケーリング、語長 32 ビット、小数部の長さ 30 ビットの符号付き numerictype オブジェクトを作成する方法を示します。

T = numerictype(1,32,30)
T =


          DataTypeMode: Fixed-point: binary point scaling
            Signedness: Signed
            WordLength: 32
        FractionLength: 30

この例では、勾配とバイアスのスケーリングを使用した numerictype オブジェクトを作成する方法を示します。勾配とバイアスでスケーリングされた数値の実際値は以下で表されます。

realworldvalue=(slope×integer)+bias

語長 16 ビット、勾配 2^-2、バイアス 4 の符号付き固定小数点データ型を記述する numerictype オブジェクトを作成します。

T = numerictype(1,16,2^-2,4)
T =


          DataTypeMode: Fixed-point: slope and bias scaling
            Signedness: Signed
            WordLength: 16
                 Slope: 0.25
                  Bias: 4

勾配は以下で表すこともできます。

slope=slopeadjustmentfactor×2fixedexponent

語長 16 ビット、勾配調整係数 1、固定小数点の指数 -2、バイアス 4 の符号付き固定小数点データ型を記述する numerictype オブジェクトを作成します。

T = numerictype(1,16,1,-2,4)
T =


          DataTypeMode: Fixed-point: slope and bias scaling
            Signedness: Signed
            WordLength: 16
                 Slope: 0.25
                  Bias: 4

この例では、numerictype オブジェクトの作成時に名前と値のペアを使用してプロパティを設定する方法を示します。

T = numerictype('Signed',true,'DataTypeMode','Fixed-point: slope and bias scaling', ...
    'WordLength',32,'Slope',2^-2,'Bias',4)
T =


          DataTypeMode: Fixed-point: slope and bias scaling
            Signedness: Signed
            WordLength: 32
                 Slope: 0.25
                  Bias: 4

この例では、名前と値のペアを使用して Signedness プロパティを Auto に設定することで符号が未指定の numerictype オブジェクトを作成する方法を示します。

T = numerictype('Signedness','Auto')
T =


          DataTypeMode: Fixed-point: binary point scaling
            Signedness: Auto
            WordLength: 16
        FractionLength: 15

この例では、引数および名前と値のペアを使用して特定のデータ型の numerictype オブジェクトを作成する方法を示します。

T = numerictype(0,24,12,'DataType','ScaledDouble')
T =


          DataTypeMode: Scaled double: binary point scaling
            Signedness: Unsigned
            WordLength: 24
        FractionLength: 12

返される numerictype オブジェクト T は符号なしで、語長は 24 ビット、小数部の長さは 12 ビット、データ型はスケーリングされた double に設定されます。

この例では、データ型をオブジェクトの作成時点で single、double、または boolean に設定して numerictype オブジェクトを作成する方法を示します。

データ型モードを single に設定して numerictype オブジェクトを作成します。

T = numerictype('Single')
T =


          DataTypeMode: Single

データ型モードを double に設定して numerictype オブジェクトを作成します。

T = numerictype('Double')
T =


          DataTypeMode: Double

データ型モードを boolean に設定して numerictype オブジェクトを作成します。

T = numerictype('Boolean')
T =


          DataTypeMode: Boolean

入力引数

すべて折りたたむ

オブジェクトが符号付きであるかどうか。数値または logical の 1 (true) または 0 (false) として指定します。

例: T = numerictype(true)

データ型: logical

格納整数値の語長 (ビット単位)。正の整数として指定します。

例: T = numerictype(true,16)

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

格納整数値の小数部の長さ (ビット単位)。整数として指定します。

小数部の長さが語長より大きくてもかまいません。詳細については、2 進小数点の解釈(Fixed-Point Designer) を参照してください。

例: T = numerictype(true,16,15)

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

勾配。ゼロより大きい有限の浮動小数点数として指定します。

勾配とバイアスで固定小数点数のスケーリングが決まります。

メモ

slope=slope adjustment factor×2fixed exponent

これらのプロパティの 1 つを変更すると、他のプロパティに影響を与えます。

例: T = numerictype(true,16,2^-2,4)

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

オブジェクトに関連付けられるバイアス。浮動小数点数として指定します。

勾配とバイアスで固定小数点数のスケーリングが決まります。

例: T = numerictype(true,16,2^-2,4)

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

勾配調整係数。正のスカラーとして指定します。

勾配調整係数は 1 以上かつ 2 未満でなければなりません。この範囲外の slopeadjustmentfactor を入力すると、numerictype オブジェクトは自動的に slopeadjustmentfactor および fixedexponent の値にスケーリングの正規化を適用して、修正後の勾配調整係数が 1 以上かつ 2 未満になるようにし、勾配の値を維持します。

勾配調整は、固定小数点数の小数部の勾配と同義です。

メモ

slope=slope adjustment factor×2fixed exponent

これらのプロパティの 1 つを変更すると、他のプロパティに影響を与えます。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

オブジェクトに関連付けられる固定小数点指数。整数として指定します。

メモ

FixedExponent プロパティは、FractionLength の負の値です。1 つのプロパティを変更すると、他のプロパティも変更されます。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

名前と値のペアの引数

オプションの Name,Value の引数ペアをコンマ区切りで指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を任意の順序で指定できます。

例: F = numerictype('DataTypeMode','Fixed-point: binary point scaling','DataTypeOverride','Inherit')

メモ

名前と値のペアを使用して numerictype オブジェクトを作成する場合、Fixed-Point Designer™ は既定の numerictype オブジェクトを作成してから、コンストラクターで指定された各プロパティ名に対して対応する値を割り当てます。この動作は、T = numerictype(s,w) などの構文を使用したときの動作とは異なります。例: プロパティ名とプロパティ値のペアによる numerictype オブジェクトの作成を参照してください。

バイアス。浮動小数点数として指定します。

勾配とバイアスで固定小数点数のスケーリングが決まります。

例: T = numerictype('DataTypeMode','Fixed-point: slope and bias scaling','Bias',4)

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

データ型カテゴリ。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'Fixed' – 固定小数点または整数のデータ型

  • 'Boolean' – MATLAB® の組み込みの boolean データ型

  • 'Double' – MATLAB の組み込みの double データ型

  • 'ScaledDouble' – スケーリングされた double データ型

  • 'Single' – MATLAB の組み込みの single データ型

例: T = numerictype('Double')

データ型: char

オブジェクトに関連付けられるデータ型とスケーリング モード。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'Fixed-point: binary point scaling' – スケーリングが語長と小数部の長さにより定義される固定小数点データ型

  • 'Fixed-point: slope and bias scaling' – スケーリングが勾配とバイアスにより定義される固定小数点データ型

  • 'Fixed-point: unspecified scaling' – スケーリングが未指定の固定小数点データ型

  • 'Scaled double: binary point scaling' – 固定小数点の語長と小数部の長さの情報が保持される double データ型

  • 'Scaled double: slope and bias scaling' – 固定小数点の勾配とバイアスの情報が保持される double データ型

  • 'Scaled double: unspecified scaling' – 固定小数点のスケーリングが未指定の double データ型

  • 'Double' – 組み込みの double

  • 'Single' – 組み込みの single

  • 'Boolean' – 組み込みの boolean

例: T = numerictype('DataTypeMode','Fixed-point: binary point scaling')

データ型: char

データ型オーバーライドの設定。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'Inherit'DataTypeOverride をオンにします。

  • 'Off'DataTypeOverride をオフにします。

メモ

DataTypeOverride プロパティは、値が既定の 'Inherit' に設定されている場合は表示されません。

例: T = numerictype('DataTypeOverride','Off')

データ型: char

オブジェクトに関連付けられる固定小数点指数。整数として指定します。

メモ

FixedExponent プロパティは、FractionLength の負の値です。1 つのプロパティを変更すると、他のプロパティも変更されます。

例: T = numerictype('FixedExponent',-12)

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

格納整数値の小数部の長さ (ビット単位)。整数として指定します。

既定値は、オブジェクトの値と語長に基づく最高精度の小数部の長さです。

例: T = numerictype('FractionLength',12)

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

固定小数点のスケーリング モード。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'BinaryPoint'numerictype オブジェクトのスケーリングは、小数部の長さにより定義されます。

  • 'SlopeBias'numerictype オブジェクトのスケーリングは、勾配およびバイアスにより定義されます。

  • 'Unspecified' – 最高精度の 2 進小数点スケーリングの自動割り当てのために numerictype オブジェクトの作成時にのみ許容される一時的な設定です。

例: T = numerictype('Scaling','BinaryPoint')

データ型: char

オブジェクトが符号付きであるかどうか。数値または logical の 1 (true) または 0 (false) として指定します。

メモ

Signed プロパティは引き続きサポートされていますが、numerictype オブジェクトの表示には常に Signedness プロパティが表示されます。Signed プロパティを使用して numerictype オブジェクトの符号属性の変更または設定を選択すると、MATLAB は Signedness プロパティの対応する値を更新します。

例: T = numerictype('Signed',true)

データ型: logical

オブジェクトが符号付きであるかどうか。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'Signed' – 符号付き

  • 'Unsigned' – 符号なし

  • 'Auto' – 符号の指定なし

メモ

符号が未指定 (Signedness: Auto) の numerictype オブジェクトを作成できますが、固定小数点 numerictype オブジェクトの Signedness はすべて Signed または Unsigned でなければなりません。Signedness: Auto をもつ numerictype オブジェクトが numerictype オブジェクトの作成に使用された場合、numerictype オブジェクトの Signedness プロパティは自動的に既定値の Signed になります。

例: T = numerictype('Signedness','Signed')

データ型: char

勾配。有限の正の浮動小数点数として指定します。

勾配とバイアスで固定小数点数のスケーリングが決まります。

メモ

slope=slope adjustment factor×2fixed exponent

これらのプロパティの 1 つを変更すると、他のプロパティに影響を与えます。

例: T = numerictype('DataTypeMode','Fixed-point: slope and bias scaling','Slope',2^-2)

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

勾配調整係数。正のスカラーとして指定します。

勾配調整係数は 1 以上かつ 2 未満でなければなりません。この範囲外の slopeadjustmentfactor を入力すると、numerictype オブジェクトは自動的に slopeadjustmentfactor および fixedexponent の値にスケーリングの正規化を適用して、修正後の勾配調整係数が 1 以上かつ 2 未満になるようにし、勾配の値を維持します。

勾配調整は、固定小数点数の小数部の勾配と同義です。

メモ

slope=slope adjustment factor×2fixed exponent

これらのプロパティの 1 つを変更すると、他のプロパティに影響を与えます。

例: T = numerictype('DataTypeMode','Fixed-point: slope and bias scaling','SlopeAdjustmentFactor',1.5)

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

格納整数値の語長 (ビット単位)。正の整数として指定します。

例: T = numerictype('WordLength',16)

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

拡張機能

R2006a より前に導入