Main Content

関数でインストルメント化および高速化がサポートされている場合

変換中にエラーを発生する可能性がある機能を特定するために、いくつかの手順を使用できます。

  • %#codegen および coder.screener (MATLAB Coder)

    固定小数点に変換される MATLAB® ファイルの先頭に %#codegen プラグマを追加します。この命令を追加することで、MATLAB コード アナライザーは、コードを高速化またはインストルメント化する際にエラーが発生する可能性のある違反の診断と修正をサポートできるようになります。

    関数 coder.screener (MATLAB Coder) はその入力引数として関数を指定し、コード内に codegen でサポートされていない項目があれば警告します。codegen のサポートは、最小値および最大値のログの記録とデータ型の推奨に欠かせません。

  • サポートされている関数の表を参照

    コード生成および固定小数点の変換でサポートされている機能の表は、言語サポートを参照してください。

関連するトピック