Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Simulink モデルの単精度の設計

Simulink® の倍精度システムの単精度への変換

単精度数は 32 ビットを使用するため倍精度数より必要メモリが少なくて済みますが、浮動小数点演算から多くの利点が得られます。単精度コンバーターを使用して、Simulink モデル内のシステムを自動的に倍精度から単精度に変換できます。

単精度コンバーターは、以下の変更を行います。

  • ユーザーが指定した倍精度データ型から単精度データ型への変換 (ブロック設定、Stateflow® チャート設定、信号オブジェクトおよびバス オブジェクトに適用されます)。

  • 倍精度から単精度データ型への変更をコンパイルする継承されたデータ型を使用した出力信号と中間設定。

コンバーターは、boolean データ型、組み込みの整数データ型またはユーザーが指定した固定小数点データ型を変更しません。変換が完了すると、コンバーターによって、設計対象のシステム内でオブジェクトのコンパイルされたデータ型と推奨されたデータ型を要約したテーブルが表示されます。

このツールの詳細については、単精度コンバーター入門を参照してください。

ツール

単精度コンバーター倍精度システムの単精度への変換

関数

convertToSingle倍精度システムを単精度に変換

トピック

単精度コンバーター入門

単精度コンバーターの基礎について学習します。

単精度へのシステムの変換

単精度コンバーターを使用したシステムの単精度への変換。