Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Simulink での固定小数点の反復的変換

ガイド付きワークフローを使用した浮動小数点モデルの固定小数点への変換

固定小数点ツールは、Simulink® モデルにおいて固定小数点データ型を指定するタスクを自動化するユーザー インターフェイスです。このツールは、シミュレーション範囲、派生範囲、または設計範囲に基づいてモデル オブジェクトの範囲データを収集します。次に、Iterative Fixed-Point Conversion ワークフローでは、ツールによって、精度を最大化し、かつ範囲をカバーする固定小数点データ型が推奨されます。その後、推奨されたデータ型を確認し、モデル内のオブジェクトに選択的に適用することができます。設計要件が満たされない場合、データ型推奨設定を調整し、その効果を可視化して、システムが要件を満たすまで反復できます。

モデルを固定小数点に変換するには、固定小数点ツールを使用した固定小数点の反復的変換の手順に従ってください。完全な変換プロセスの例は、浮動小数点モデルから固定小数点モデルへの変換を参照してください。

DataTypeWorkflow.Converter オブジェクトおよび関連付けられているオブジェクト関数は、固定小数点ツールの Iterative Fixed-Point Conversion の代わりに使用できるコマンド ライン ツールです。

ツール

固定小数点ツール浮動小数点モデルを固定小数点モデルに変換

関数

fxptdlg固定小数点ツールを開く

クラス

DataTypeWorkflow.Converter固定小数点コンバーター オブジェクトの作成
DataTypeWorkflow.findDecoupledSubsystems近似で置き換えるサブシステムのリストの取得
DataTypeWorkflow.ProposalSettingsデータ型の推奨のための推奨設定オブジェクト
DataTypeWorkflow.Result実行結果情報を含むオブジェクト
DataTypeWorkflow.VerificationResultシステムの固定小数点への変換後の結果の検証

トピック

固定小数点の反復的変換ワークフローの概要

変換するシステムの準備

範囲の収集

データ型の推奨

データ型の変換

結果の確認

トラブルシューティング

固定小数点データ型をサポートしないブロック

固定小数点の変換でサポートされていないブロックのトラブルシューティング。

Best Practices for Working with the MATLAB Function Block in Automated Fixed-Point Conversion Workflows

Follow best practices and avoid unsupported MATLAB Function block features.

データ型の伝播エラーを引き起こす可能性のあるモデル

オートスケーリング後にデータ型の伝播エラーを引き起こす可能性のあるモデル化手法について学びます。

範囲解析における問題の解決

範囲解析の問題のトラブルシューティング。

設計範囲の競合の修正

モデル内で競合する設計の最小値と最大値が指定されるのを回避します。

不十分な設計範囲情報

設計最小値と最大値の入力情報を追加指定することにより、設計範囲情報が不十分であるために発生したエラーをトラブルシューティングします。

設計範囲情報の追加

設計範囲の情報が不十分であるために派生範囲の解析が正常に実行できない場合に、トラブルシューティングを行います。

System object の範囲解析のトラブルシューティング

モデルに対する範囲を派生させることができるように、必要に応じて System object を再構成します。

固定小数点ツールでデータ型が推奨されない

固定小数点ツールでデータ型が推奨されない場合のトラブルシューティング。

データ型の不一致と構造体の初期条件

構造体の初期条件を Simulink.Parameter オブジェクトで置換する方法を示す例。

推奨されたデータ型を適用した後のデータ型の伝播エラー

モデルと互換性がないデータ型が固定小数点ツールで推奨される場合のトラブルシューティング。